素人でもプロでも市場の恩恵を等しく受けられるのは株式市場!

FXと株式投資の最大の違いは、

FXはゼロサムゲームという勝者の数=敗者の数 という構図でみんな一緒にお金もち(^ν^)ってことはあり得ません( ゚д゚ )ホゲェ

しかし株式投資は、株式市場の場合は株式会社の成長があるのでみんなでその恩恵を受ける事はできます。

簡単に言えば、今貯金が1万円の会社を1万円で買い、1年後にその会社の貯金が2万円になれば株価も基本的に株価も上がってるはずで、上がっていなくとも会社としての価値は貯金分はあがっているはずなんです。

ここの差が非常に大きくて、アメリカの優秀株を集めた指数、NYダウが上がり続けているのも当たり前といえば当たり前なんですよ。

NYダウ

だって、成長する株しかその指数には入れないし、毎年利益分が積みあがっていくので会社の資産は上がっていくんですから。

株価も需要と供給の市場で価格が決まるので、会社の資産=株価とはならないんですけど、会社価値の根本にはこの考え方があるんです。これをPBRっていうんですよ。

PBR=株価/1株当たりの純資産

この計算式でわかるように、PBRが1以下になるのは、株価よりも1株あたりの純資産が多い場合です。

つまり、貯金2万円の会社が1万円で売られているのと同じなんです。

これってすごい事だと思いません?そんでもって日本の株式市場にはそんなPBRが1以下の株がたくさんあります。

当たり前のことを何偉そうにいってるの?って思うかもしれないけど、最近のブロガーのすすめる投資はFXに特化しすぎているので株の良さをここら辺で再確認したいのさ。

これは本当に大きな違いだよ。

為替は国同士の通貨の変動で絶対的なそのものの価値は変動していないからね。

・・・・いや、難しい事はわかんないよ?ここ素人の資産運用だからね?あんまり期待しないでね。

ただ、FX最高!ってのもわかるけど、株式市場は資本経済成長の恩恵を受けやすいから、頭使わずにNYダウ買っておけばもろにプラスだったはず。

そんでもって買い方にも色々あって一度に全財産分の株を買うのではなくて、リスク分散のための買い方があったりする。

そういうのを株式投資しながら勉強してけばいいんじゃないのかな。

って、自分に言い聞かせて明日も生き残る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする