男が高級な時計が好きなのはなぜか?

どうもSSTMです。

男がお金をかけるランキングって、

① 車

② 時計

③ 財布

じゃないですか?

んで、ワンランク上の人になると、

スーツと革靴もその中に入っていくけど、一般的な感じだと上記の三点だと思う。

まぁ、僕の偏見ですが。

あとオメガとかギラギラした時計していると一生友達になれないと思う。

まぁ、僕の偏見ですけど。

てめぇはそんなところに見栄をはらないと生きていけねぇのか!?ってなる。

で、僕はといえば、全てにおいてお金をかけていない。

まぁ、せっかくの機会なのでちょっくら紹介。

① 車

トヨタのラクティスで10年落ちのものを中古で購入。

ナビ合わせて75万円くらい。

だけど死ぬほど満足している。

その前に乗っていたプジョウ307は乗り心地いいけど故障が多すぎてね。

で、中古なのでキャンプとかの山道で枝葉に車当たっても気にしなくていいし。

この車のいいところは、後部座席倒すとワンルームになる。

あたい、車中泊とか過ぎで車で寝れる事が一番の条件だったの。

まぁ、どうでもいいね。

次。

②時計

時計は所謂オメガ、ロレックス、セイコーとか有名なところの高級時計はつけたくない。

財布で言うところのグッチとか使っている感じ?

僕が好きで超おススメなのが、

MONDAINE(モンディーン)ってスイスの時計。

スイスの鉄道で使われている由緒ある時計なのです。

スイス鉄道時計
スイス鉄道時計(スイスてつどうどけい、ドイツ語: Schweizer Bahnhofsuhr)は、1944年にスイスの技術者、ハンス・ヒルフィカー(ドイツ語版)がスイス連邦鉄道(SBB)のために設計した時計である。

白い盤面上に黒い時刻目盛、棒状の黒い長針と短針という、非常にはっきりとした最小限の設計からなることを特徴としている。数字は書かれていない。この遠くからでも読み取りやすい設計は、駅用の時計としては国際的なものとなった。

スイス鉄道時計は、「スイスの古典デザイン」という切手シリーズの85ラッペンの切手にも採用されている。

引用:Wiki

こういう、歴史を感じるものが好き。

値段も3万円程度なので嫌らしくないし。

ただ普段はG-shockがほとんど!

使いやすいし丈夫だし最高じゃない?まじで。

次に買うのはG-shockの上位ランクだと思う。

G-shockがアンドロイドとコラボして性能高いスマフォ連動の時計出来たら買うかも。

今出てるのって走り出しでほとんど意味ないような性能じゃない?

③財布

財布はもらいものばっかり。

今使っているのは、ポールスミスの財布。

財布は革財布で年相応のブランドであれば全然いい。

ただ、僕も少し歳を重ねてきたので長財布にかえたりもしている。

ネットの知り合いから購入した財布でGANZOの財布を格安で譲ってもらった。

財布も休ませながら使うといいらしので?折りたたみと長財布を定期的に変えている。


僕ももう30歳を確実に超えてきているので、身につけるものに変化があってもいいかもしれない。

ZOZOスーツひゃっほー!って感じなんだけど。

だって割引後25000円でスーツ上下セットシャツ付きでフルオーダーって最高じゃない?

子供も出来たけど、最低限カッコいい大人でいたいのよねぇ。

難しいものね、普通に生きていくって。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする