ユニクロがカシミヤの価格破壊を起こしちゃった。

カシミヤ製品の価格の謎、2000ドルの高級品もあれば30ドルの格安品も

シンプルだが細心の注意を払って作られた最高級カシミヤのセーターは、ロロ・ピアーナなどの一流ファッションブランドでは2000ドル(約21万6000円)以上するが、ユニクロの値引きコーナーでカシミヤ100%のセーターをわずか29ドル90セントで手に入れることもできる。

ヤギの一種の被毛から作られるカシミヤは、かつては富裕層の流行に敏感な人々のためだけのものだった。ところがここ20年間にカシミヤ人気は急上昇し、より安価な衣料品が市場に出回っている。

国連の貿易データによると、2016年のカシミヤ衣料品の輸出額は世界全体でほぼ14億ドルと、10年の12億ドルから増加。今では至る所でさまざまな価格で売られているようだが、特に歴史的に高級品として販売されてきたカシミヤにとって、普及する中でありふれたものになってしまったのは問題かもしれない。

引用:https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-05-04/P86RZX6JTSE801

カシミヤ先生はもともと富裕層の服だったけど、ユニクロがすごい身近にしてくれたよね。

それでも通常9800円で年末年始に

「お前ら、一着だけだからな!?」っていう約束のもと、半値の5000円くらいで購入できる。

カシミヤ着るともうカシミヤじゃないと生きていけなくなるよね。

宇多田さんもさ、誰かの願いが叶うころあの子は泣いているって言ってたし、

カシミヤも同じでユニクロの価格破壊で消費者は喜ぶけど、生産者は泣いてるんだろうな。。。


ユニクロ 10年チャート

1999年に今のカシミヤセーター我慢してユニクロの株買っておけば、高級店のカシミヤが死ぬまで買えていたね・・・・。

しかし、こうやってみるとあのファーストリティリングでも2016年は苦戦してたんだね。

トランプショックのあとのトランプリバウンドで50000万まで戻したのかな。

100株が最低買い付け単価なので、500万円必要って話はしたっけ?

ユニクロの服はだれでも買えるけど、株はお金持ちしか買えないんだ。

それが今の社会縮図だよ・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする