【リクルート】ダーマ神殿はどこですか?息するように転職する。

ダーマ神殿、職を求める人が行きつく場所。

だいたい25~35歳くらいが一番多い見たい。

仕事に慣れてきてこのままでいいのか?と悩みだす三年目。。

そして今の会社で大丈夫なのか?と悩みだす七年目。。。。

いつだって僕らには悩みが絶えない。

かくいう僕も30歳を迎え、日々、このままでいいのか?と自問自答しながら生きているが、日々の業務に忙殺され、まともに人生の事を考える時間なんてない。

まぁ、時間がないっていうのは何にをするにしても言い訳だけどね。

ダーマ神殿に行けば何にでもなれるの?

ダーマ神殿は誰にでも開かれている場所だけど、何にでもなれると思ったら大間違いだ。

神官「なりたい職業は?・・・勇者?スキルもレベルも足りないよwwwわろすwww」

と言う感じで高望みしても「わろす」されてしまう。それはハローワークでも一緒だ。

ハローワーク職員「うんうん、今の仕事が合わない、うんうん。それでトヨタ自動車に行きたい?・・・そっか、じゃあまずは職業訓練受けてから現実を見よっか!今の職歴だと受けれる企業はないね、わろすwww」

と言う感じで「わろす」されてしまう。

「わろす」されると僕らはもう外に出られない、周りの人が急にみんな自分を「わろす」しているのでは?と疑心暗鬼になってしまうからだ。

だから僕らは必死に自分のスキルを磨き、キャリアデザインをしてくる訳だけど、

実際問題社会に出て会社に入ると、やりたい事ができるわけでもないし、順当にスキルのつく仕事ができるか?というとそうでもない。

クソみたいな雑用や、クソみたいな新人の教育、クソみたいな上司の尻拭い、その他渚のエトセトラといった感じで、ストレスの権化と戦う事になるのだから。

僕が前の会社を辞めたのも、その会社でしか生きられなくなるのが恐くて25歳でその会社を出た。

リクルートエージェントを利用する。

世の中進歩してきて、わざわざダーマ神殿まで行かなくてもスマフォで簡単に転職活動できるようになった。

ありったけの個人情報とこれまでの戦績を登録すると、企業とのマッチングをサポートしてくれる。

エージェント「旦那様のご経歴ですと、ただいまこのリストに記載されている企業がおすすめです。」

エージェント「旦那様、企業からお誘いがきていますぞ。」

といった具合だ。仕事しながらでも簡単に転職活動できるのでおススメ。

あと、行きたい会社の情報とか調べるのに、「Vorkers」というサイトもおすすめ。

利用するのには自分も口コミ投稿しないといけないけど、背に腹は変えられないよね。

このサイトでは、会社の口コミを見る事が出来る。現役社員や退職した社員の投稿なのでかなり信用度高いので参考になる。残業の多寡や残業代は出るのか?有給の取得率、社内の雰囲気など、直接会社には聞きにくい事が載っているので僕もめちゃ利用した。

結構マイナーな会社もある事があるので、一度覗いてみる事をおすすめする。

一つの会社に縛られる時代でない事はたしか。

転職=裏切り

みたいな事を年配の人で言う人がいたけど、正気の沙汰ではないと思った。

あんたら、他人の人生に責任なんて持てないでしょうよ!!!

結局自己責任だからね、残るのも出るのも自分の責任。

大阪の商人T原も商売を変えようか悩んでいるみたいだ。

何にしても転職活動は市場での自分の価値を再認するめちゃくちゃ良い機会なので、僕としてはまずは転職活動で他社受けるのがいいと思う。

僕はスタートトゥデイにこれでもかってくらい落とされたけど、それでも受けて良かったし。

毎日の時間の流れは早すぎて、流されてしまうけどもさ、少し抗ってみると色々変化があるので、みなさんも毎日を大切にして生きていきましょう。

YOUTUBEでずっとパフューム見ていたいけど、そうもいかないみたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする