ロコンドがEC同盟するってよ。ただしZOZO、てめーはダメだ。

対ZOZOTOWNのファッションEC同盟を――ロコンドが「圧倒的な2位グループ」作りに着手

靴やアパレルなどのネット通販を手がけるロコンドはファッションEC業界1位「ZOZOTOWN」(運営はスタートトゥデイ)を追随する“ファッションEC同盟”作りに乗り出す

業務提携、資本提携、M&Aなどさまざまな選択肢を視野に入れ、「圧倒的な2位グループ」(田中社長)を構築。まずは取扱高300億円グループを作り、ファッションEC業界の巨人「ZOZOTOWN」を追随する体制を整える。

2018年夏には「圧倒的な2位グループ」をめざすEC同盟が始動するという。3月9日に開いた説明会で明かした。

中略

「圧倒的な2位グループ」のキーワードは「在庫の共有化」。ロコンドの物流倉庫を活用した物理的な在庫共有、ロコンドと相手先企業の在庫情報をバーチャル上で共有する方法で「在庫の共有化」を実現。

ブランドから要望のあった在庫の分散化を防ぐと同時に、写真撮影やデータ入力といった業務の効率化も実現できるとしている。

田中社長はファッションEC業界の再編に向けて、目標を次のように話した。「ファッションEC業界の坂本龍馬になる」。

引用:https://netshop.impress.co.jp/node/5229

SSTM
ネットショップ担当者フォーラムのニュースより。ZOZO一強は今後も拍車をかけそうだからなぁ。ZOZOスーツで個別にサイジング通りの服作るって最強でしょうよ。。。ただ、それで利益がでるのかがわからないけど。
下っ端
服の種類を減らしてサイズ展開を増やす感じげすよね、ZOZOのプライベートブランドは。ただZOZOなのでそれなりのクオリティに仕上げてくるでしょうからね。ユニクロとも多少なりにシェア被ってきそうげすね。まぁ、そんなZOZOをおさえるべく二位以下が結託する的な感じげすか。コンビニでいうところのセブンイレブン倒すためにファミマとサークルKが経営統合した感じげすね。
SSTM
在庫の共有化ってあるけど、それってもはやどこのサイトで買っても出てくる場所一緒なら別の会社にする必要なくない?って思うんだけどどうだろ?倉庫業最強説はAmazonぱいせんが見せつけているわけだけどさ。
下っ端
ZOZOの強みはサイトの見やすもあるでげすね。Amazonで服買わないのは、写真少なくて見づらいし似たような商品多くて偽物掴まれそうな気がしちゃうからでげす。あとAmazonで見る服ってやたらださい。
SSTM
そうなんだよ、ZOZOで見る服はカッコイイんだよ、例え同じ服をAmazonで見てもいいと思わないけど、ZOZOでみるとカッコイイんだよ。そこはZOZOがファッションECサイトとして独立独歩を歩める大きな要素でさ。単純にあのサイトはカッコイイんだよ。楽天とかのサイトってダサいじゃん?だから買わないんだよ。
下っ端
ロコンドは靴に特化してればいいんでげすけどね。何かシェアとりにきているでげすね。まぁZOZO一強よりは盛り上がった方がいいのかなって感じなので、今後の展開に期待でげすね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする