あなたは他人の子供を愛することができますか?/そして父になる

そして父になる

SSTM
Amazonプライムで無料で見れるので人生で二回目のそして父になるを観てしまったよ。ははっ、不覚にも感動して泣いてしまったぜぴょんちゃん。
下っ端
平昌オリンピックにあやかってもGoogleにはばれちゃうでげすよ?ざっくりと話の内容を紹介するとこんな感じでげす。

子どもを出産した前橋の病院から「重要なお知らせがある」と呼び出される。斎木という夫婦から小学校入学での血液検査で両親と血液型が一致しなかったことから、調査が入り、判明した結果、出生時に看護師によって、平成としてはあり得ない子どもの取り違えが起き、実の息子は慶多ではなく、斎木家の琉晴(黄升炫)だという話だった。田舎の病院で産むことを反対していたのが現実になり、良多は「なんで分からなかったのか」と妻を責める。二人は7月28日、同じ日に生まれたのだった。

ショックを受ける良多とみどりだが、取り違えられたもう一組の家族、群馬で小さな電気店を営み、3人の子持ちの斎木雄大(リリー・フランキー)・ゆかり(真木よう子)と対面した良多とみどりは、「子どもの将来のために結論を急いだ方がいい」という病院の提案で斎木家と交流を始める。病院を相手取って裁判を起すことにするが、良多は二人とも引き取る手段を探る。

SSTM
福山さんが金持ち父さんでリリーさんが貧乏父さんなんだけど、どっちも一長一短のある父親でさ、それでも二人共共通して子供を愛してるんだよ、福山さんはそれがすごい不器用なんだけどさ。それに気づくのも時間かかるしね。
下っ端
話としては、小学校入学まで育てていた子供が実は他人の子供と知り、相手方の家族と交流が生まれ福山さんの中で家族について少しずつ認識が変わっていく・・・、といった感じでげしょうかね。非常にいい作品でげしたね。
SSTM
6歳くらいの子に、実はな、父ちゃんな、生物学的には父ちゃんちゃうねん。なんて言えないし、言っても理解されんぜ。母親はさ、最初から産みの親で母性本能っていうものも出てくるけど、父親は少し違うと思うんだよな。そう思うと親子って不思議な関係だよな。
下っ端
父親は母親と比べた時に圧倒的に劣勢でげす。ただそれでも取替のきかないものでげすからね。父親は子育てしながら父になっていくんでしょうね。げすげす。
SSTM
うむ。これから父になる人や、すでに父親の人も含めてこの映画は是非見てもらいたいな。男性陣の方がこの映画に関しては感情移入し易いと思う。みなさんも、親子とは何か?ということについて自分なりの答えを出せたら、と思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする