お値段異常!?ニトリもびっくりサンフランシスコの住宅事情

ボロボロでも5500万円以上!? サンフランシスコの住宅問題は、ますます悪化

サンフランシスコはアメリカで最も物価が高い街。1ベッドルームの住宅価格の中央値は約82万ドル(約8700万円)になる。

それと比較すると、戸建て住宅の売却希望価格が52万ドル(約5500万円)というのは格安。あるいは、担当の不動産業者リック・スミス(Rick Smith)氏に言わせれば「ジョーク」だ。

このボロボロの一軒家は、ここ数年間でますます悪化しているサンフランシスコの住宅問題の典型的な例。

52万ドル以上での購入希望が12件あり、2月14日(現地時間)に幸運な入札者が落札した。

引用:https://www.businessinsider.jp/post-162273

SSTM
だとさ。
下っ端
これは建物の価値ってよりも土地の価値でげすよね???普通に地価が高いところでぼろぼろの家が売りに出されたら土地の値段だけで相当の値段になるでげすよ。アメリカの都市部でそれが顕著になってる感じでげすかね。
SSTM
土田舎にいる僕には考えられないけど、どんどん格差が広がってこの金額でも「なにこれ安い!」って感じになる人はいるんだろうしね。
下っ端
そうでげすね。目指すはやっぱり高年収でげすよ、おやびん。
SSTM
うん。。。でも会社の保養施設所である温泉に行こうとか考えているオイラにあまり期待しないでおくれよ(´・ω・`)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする