銀行から人がいなくなる日/銀行員の転職希望急増、収益悪化でリストラ不安

銀行員の転職希望急増、収益悪化でリストラ不安

人材サービス大手リクルートキャリアに転職希望者として新たに登録した銀行員数は、2017年度上期(4~9月)に前年同期比で約3割増加し、その後も増え続ける勢いだ。超低金利に伴う銀行の収益悪化などで、人員削減への不安が高まっていることが背景にあるとみられる。

同社の集計によると、大手行と信託銀行、地方銀行などからの登録者数は16年度上期に前年同期比29・9%増加、17年度上期もさらに同29%増えた。昨年秋以降、メガバンク各行が大規模な人員削減策を公表すると、「将来のリストラ不安から転職希望者が殺到するようになった」(転職紹介大手)という。

引用:http://www.yomiuri.co.jp/economy/20180114-OYT1T50135.html

SSTM
銀行かぁ~、普通の人は年に数回しか行かない場所だし、フィンテック・AIの技術が発達していけばどんどん不要になってはいくんだろうからな。
下っ端
色んな分野でAIをはじめとしたITテクノロジーが台頭するんでしょうけど、銀行マンは高級で仕事内容もIT化し易いんでげすよね。
SSTM
AI化で採算とれなきゃAI化しないしね。そういう意味では介護とかって人件費自体が安いからロボット化が急激に進むか?っていうよりは施設をもっと介護に特化したものにしていく方向にいきそうだよね。
下っ端
げすげす。今後色んな仕事が増え、それと同時に色んな仕事がなくなっていくんでげすね。銀行マンの件は他人事じゃないでげす。ふんどし閉めて2019年生きていきましょうでげす。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする