定年後でも働きたい、生涯現役で働く人

定年後にわかった、働くことの意義 元銀行員が第2の人生にパン屋を選んだ理由

「働くって“だから”おもしろい!」をテーマに、全世代に向け、転職や学生たちの就活など、働き方のおもしろさとその魅力を伝える番組『ジョブレボ!』。今回登場するのは、銀行を定年退職後、第2の人生としてパン屋を始めた村上孝博氏です。定年後も働き続ける村上氏のモチベーションの源泉はどこにあるのか?

引用:http://logmi.jp/242401?pg=3&utm_content=buffer0246e&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer

SSTM
まさに、これが働く事の意義だよね、本当の。銀行員定年後にパン屋だぜ?最高だろ!

下っ端
げすね、定年後でお金に困っていなければ最小限の利益でいいわけでげすし。

SSTM
定年後に話す人もいなくて家に閉じこもってテレビばっか見てたら死んじゃうよ。だいたい地域のコミュニティーもできあがっちゃってるし、企業人あがりは「仕事」でないとやる気がでないし。

下っ端
それはあるでげすね。趣味だとどうしても「やらなくてもいい」って気持ちが強いと結局やらなくなってしまうでげす。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする