クックパッドは返り咲くのか?

どうもSSTMだす。

みなさんもクックパッドって使った事ありますよね?あの料理のレシピのやつ。

僕も結婚して料理する機会が増えたので利用する事もあるんだけど、無料のやつだからか正直使い心地が微妙で、検索エンジンでひっかかると舌打ちしちゃうんだよね。

まぁ、素人の料理の寄せ集めなので普通の料理本よりも丁寧な感じになってないし、素人が使うには難しいのかもね。

そんなクックパッドの現状を今日は見てみようね。

株価チャート


クックパッド

戦士としての戦いを終え、全盛期後の古豪の戦士って感じになっちゃったね。

2016年に馬鹿みたいに下げているのは社内で創業者と社長がもめた時の影響ね。

クックパッド、泥沼騒動で社内は危機的状況


クックパッド決算資料より

売上収益がどんどん落ちて行くな。。。

クックパッドは創業者(佐藤氏)と内部での内輪もめがあり、その際に大きく株価を下げた。

創業者は多角経営ではなく、あくまでも料理事業をメインに扱っていきたく、当時の社長との方向性の違いで、社長の解任を決めた。

現に会社の利益という面では、当時の社長穐田誉輝さんの多角化ででへへ!笑いがとまらねぇぇぜ!!!でへへへ!みたいな感じで順調だった。

それでも退任させたのは市場としては、おいおいまじか、という感じで株価に表れてしまった。

その後も良いニュースはなく売上の推移も落ちて行っている。


クックパッド決算資料より

現在の収益構造は上記のようになっている。

まぁ、クックパッド一本で食ってる感じだよね。

へぇ~~、利用者自体はヨコヨコなんだね、減少傾向かと思ってた。

最近料理を動画で教えてくれるアプリあるじゃない?デリッシュキッチンだっけ?その影響あると思ってたけど、利用者って意味合いではないんだね。

サービスとしてはこのままやっていくとして、クックパッドはこのサービスをどうしていきたいんだろうね。

そこが一番知りたいポイントだなぁ、サービスをもっと利用者側として使いやすいものにしてほしいんだけども。

今後は雑誌の読み放題ももっと増えて行くだろうし、料理本もそれに含まれていると思うから、別にクックパッドに縛られなくてもユーザーとしては料理に困らないと思うのよ。

それをどう差別化していくか、なんだろうけども。

現状株を買いたいか、っていう買いたいとまでは思えないかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする