スタートトゥ、国内で年内にPB開始 来春には米国と独でも

スタートトゥデイ (3092.T)は30日、年内に国内でプライベートブランド(PB)をローンチすると発表した。来春には、米国とドイツでも販売を開始。順次、海外市場も広げていく方針。

前沢友作社長はアナリスト向け説明会で「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)に続く、第2の収益の柱にする。そして、数年内にゾゾタウンの事業規模を超えたい」と意気込みを語った。

PBは、ゾゾタウンのみで販売する。前沢社長は「超ベーシックアイテム。品質や価格はグローバル最高水準。差別化は、科学やテクノロジーの力で実現する究極のフィット感」と説明した。

引用:https://jp.reuters.com/article/start-today-brand-idJPKBN1CZ146

科学やテクノロジーっていうのが同じような意味のような気がするけど、そこはもうこの際いいよ、スタートトゥデイが送料自由化(今後一定化されるみたいですけど)の次に、

自社ブランドの洋服をうちだしてきやがった|д゚)!!!!

これまでは、代行販売業を営んでいたのにとうとう自社ブランドを持ち始めますね。

やっぱスタートトゥデイすげぇなぁって思いと、これまでは代行販売業ならではの利益率の高さがあったと思うので、そこが今後どうなるか、ですかね。

やはり自社でブランドを持って洋服作ると普通に生産コスト&在庫が発生しますからね。

ただ、スタートトゥデイはネット最大規模の集客場を有しているので、条件は最高なんですよね、ホントに。

Amazonも自社ブランドのジャージを製造・販売するって言っていますが、ぶっちゃけ洋服なんて素人でも作れますから参入ハードルは低くて、いかに売るかが問題ですからね。

Amazonやスタートトゥデイはその点で知名度もあり、人が集まる場所を持っているのは何をするにも有利ですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする