世界経済は後退しない?今後も中国が牽引し安定した成長をするのか。

世界経済に「大いなる安定」再来か

世界の経済統合が後退しつつあるなら、世界各国の経済成長がなぜこれほどまでに続いているのか、そして緊密な関係を保っているのかという理由を誰かが説明するべきではないだろうか。

これは単に、経済協力開発機構(OECD)に加盟する45カ国が2007年以来初めて同時にプラス成長を達成したということだけではない。各国の成長が、これまで長期的に見られた水準に近いものになっているのだ。

・・・・・略

「中国が『太陽系の第2の太陽』と呼ぶにふさわしいくらい大きくなって以来初めて、中国の経済成長が米国と軌を一にするようになっている。米中両国の経済が双方とも力強く成長するのであれば、他のどの国の経済もその成長と無縁でいるのは困難だ」と彼は書いている。

引用:http://jp.reuters.com/article/markets-saft-idJPKCN1BJ0Q3

こういうのって恐慌前に出やすいって聞くけど大丈夫なフラグ???

ただ、中国・インドなどのアジア大国が力をつけてきたおかげで世界経済にプラスに働いたのは間違いない。

今では日本のが人件費安いし下請けだそうぜ(´∀`)とか言われる始末な訳ですけど・・・;゚д゚)

リーマンショックからもう10年。

ギリシャがデフォルトするやら、中国のバブルが核融合なみの爆発するやら色々ありましたけど、何とか市場に生き残ってます(´・ω・`)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする