アメリカ先輩は社内外から定評のある人なんだ(´∀`)

米7月雇用、予想上回る20.9万人増 FRBの引き締め観測高まる

米労働省が発表した7月の米雇用統計は、非農業部門雇用者数が20万9000人増と、市場予想の18万3000人増を上回る伸びとなった。賃金も5カ月ぶりの大幅増となり、労働市場の引き締まりを示唆した。米連邦準備理事会(FRB)による9月会合でのバランスシート縮小開始の発表を後押ししそうだ。

6月の雇用者数は当初発表の22万2000人増から23万1000人増に上方改定された。

時間当たりの平均賃金は前月比0.09ドル(0.3%)増と、伸びは前月の0.2%増から加速し、5か月ぶりの大きさとなった。市場予想は0.3%増だった。

前年同月比では2.5%増と、増加幅は4カ月連続で変わらずとなっている。

ソース:http://jp.reuters.com/article/usa-economy-job-idJPKBN1AK1W6

意外だったのは、ダウ平均株価も上げてるっていうね。

バランスシート縮小に向かうけど、それ以上に景気がいいって事になるのかな。

ダウ平均8日連続続騰だよ?めちゃくちゃすごくね?

日経平均が20000円を行ったり来たりしている間にダウという永遠のライバルはチャンピオンロードを上り続けているというね。

まぁ、ダウは日経をライバルと思ってないだろうけどね。

ドル円も強い雇用統計を受けて上げてしまってね。円高希望の僕とは反対に向かってしまっている。

ただ、FRBが

「雇用統計受けてバランスシート縮小考える、利上げ?いや、急ぎすぎてもさ(´∀`)?」

的なハト派的な、保守的な発言かましてきそうで、俄然売りポジションで攻めていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする