Bライフでなぜ資産運用なのか。

なぜBライフに資産運用が必要なのか?

まずBライフについて知りたい人はこれらの著書を読むとわかりやすい。

二つに共通するのは、「身の丈にあった生活」という事。

年収100万円の豊かな生活では、不動産収入が100万円なので100万円で生活できれば働かなくて済む、ということから仕事を辞めて不労所得の生活をするようになった。

Bライフの方は少し変わっていて、出稼ぎしては山小屋に引きこもる・・・というサイクルだ。(実際にはネット収入で生きていけるみたいだが、それは本人曰くダメらしい。)

結局のところ、生きていくにはお金は絶対に必要なので収入源は確保する必要がある。

また、僕に限って言えば仕事自体は嫌いではないので何らかの形で働いていたい、と思っている。もちろん嫌な仕事はでなく、ある程度は自分で楽しみながらできる仕事で。

この、少しでも楽しめる仕事、という点は収入さえ気にしなければある事はある様に思う。

それで目標とする本業年収を200万円って見積もった。200万円/年ならなんとかいけるんじゃないのかな?

年収100万円の豊かな生活の著者は大企業(Asahiだったかな?)に勤めていたけど辞めて年収100万円での生活に収まったんだからホントにすごい。

僕の場合は結婚しているので、それよりは全然生活水準が高くお金も必要になるのだけれど。。。

ざっくり言えば、資産運用で少しでも稼いで、本業は給料低くても少しでも苦じゃない仕事をする。

全体の収入は少ないので生活費を抑えて稼ぐ量を減らす・・・、こんな感じ。

いや、それって普通の家庭もそうじゃね?

って思うかもしれないけど、世帯年収600万円程度の家庭でも田舎とかだと持ち家率高いし、自家用車やなんやかんやで生活水準自体は決して低くない。

だけど、貯蓄自体はないから資産運用に回せるお金がない、といった悪循環になっている。

僕は今の日本の生活水準は世界的に見て高いと思っているので、少しでも水準を下げて必要なお金を減らし、心を壊してしまうような仕事を続けたくない、と思っているのだ。

仕事が好きでそれでいて収入も得られているよ!って人は、もうめっちゃ羨ましい。そういう人は絶対こんなブログ見てないだろうけども・・・。

僕のいうBライフは高村友也さんの言うそれよりははるかに高い生活水準ではあるが、平均的な世帯と比較すると低い、と言った感じです。

資産運用方法について

これなんだけど、投資8年目で色んな事をしてきたけど

まだ全然答えが出ていないんです。

最初はタイミング投資(株価が安いと思うときに買って、高くなったら売るという主観的な投資方法)から始めて、東日本大震災で大打撃を受けてやっぱりタイミング投資のタイミングなんてわかりはしないんだ!と悟り、インデックス投資に移る。

インデックス投資は、投資対象が日経平均投信等として、売買のタイミングも定期的な購入等のルールを設けて機械的に投資を行うもの。

これが多分一番利益は出た、出たんだけど、クソほどつまらなくて(´・ω・`)

半年位で辞めちゃったのかな・・・、それでそのあとはまたタイミング投資に戻り、今は主にFXがメイン。

世の中の投資ファンドでインデックスファンドよりも良い成績を収められるアクティブファンド(広義でタイミング投資してるファンド)ってほとんどいないので、理屈で考えるとインデックスの方がいいんだけど、それじゃ楽しめないんだよね(´∀`)

やっぱり個別株でホームラン打ちたいじゃない?
※インデックス投資は野球でいうところのバントして堅実に点を取りに行く方法で、アクティブ投資(タイミング投資)はホームランを狙うようなイメージ。

まぁ、堅実に稼ぐインデックス投資なんですけど。

ただ、インデックス投資だと利回りはどうしても低くなってしまうので、年間100万円っていうと相当の元本がないときつい。

年間50万円くらいでも3%の利回りとして、約1700万円が必要になる計算。

そこがネックで世の中ではハイリスクハイリターンなタイミング投資に流れる訳ですね。

僕の資産運用方法はインデックス投資を安全資産としてリスク資産はタイミング投資で現状のまま投資をしていく予定です。

投資方法は本当にいっぱいあるので、実践的にこれまで色んな手法を試してきたのでまた紹介させて頂きます。(AIやトラリピ等)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする