広告モデルが変わってきている、動画広告の破壊力がすげぇ・・・!!!

WEBメディアの変革

フェイスブックとかに載ってるキリンの広告とかって動くじゃないですか、

これって動画じゃないですか、

ちょいと前まで、うぜぇ!!!貴様を消すためになら何を犠牲にしてもかまわぬ!!!メ・ガ・ン・テ!!!みたいなポップから教えてもらった覚えたての魔法を使っちゃいそうになってました。

しかし、最近やたらオシャレ。どうしたの、みんな、ねぇ?

TVとかのクソうぜぇCMよりも圧倒的よく感じる。

あの小さな広告枠の中でよくぞ、ここまで・・・、ってくらいの出来。

ちょいと前って何かマウス乗せるとドラゴラム的に大きくなるやつだったじゃないですか。

あれ本当嫌で。

ちょっと目を離したすきに、画面に目を戻すと広告の奴らがてんやわんやしてる、あっ。やっちゃった。ってなってた。

もう企業のマイナスイメージも甚しわ!って感じだった、うん。

ファッションECも動画を取り入れている。

何か動画の活用が劇的に加速度的に増えたよね。

もう誰しもがYOUTUBERって感じで。

いや、すげぇいいことだなって思って。

これがまさに自己メディア時代だよ!

おじさんが子供の頃は、テレビの偉い人に金一式を送付しないと広告なんて叶わない時代だったからさ。

それがお手軽に誰でも動画サービスを提供できる。これってすごいことだよ、本当に。

そのプラットフォームのYOUTUBEとかどんな怪物だよ、こうなることお見通してたって訳?

ほら見ろwとかって言ってるって思うとちょっと和むな。

和製YOUTUBEことニコニコ動画はコアな人向けなのだろうかね、、、

しかし、横文字のテキストが流れていくあのシステムは日本人にとっては至高だよね。

テレビ局っていうのが今後どうなっていくのか。

フジテレビが視聴率をとれないのは、他のメディアにテレビ番組を見る時間を取られているからだと思うんだけど、これは今後も続くだろうね。

サイバーエージェントのAbemaTVもそうだけど、どんどん既存のメディアを塗り替えていくんだろうな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする