ほぼユニクロで男のオシャレはうまくいくが、しまむらでは検証してないのでわかりませんけど何か?

 

ホリエモンチャンネルで取り上げられていたので、ポチってみました。

まだ冒頭だけしか読んでないけど、自称おしゃれの人も一度原点回帰ということで目を通すのをおすすめします。

・・・少し脱線するけど、目を通す感じで気になったところをしっかり読むのが最近の本の読み方になってきとる。

本を読む時間もあんまりないからさ、内容の薄いのもあるのよ、やっぱり。

ジャケ買いしても、内容が魑魅魑魅魍魎なのもあるからさ、ちなみに初めてこの言葉変換したわ。

 

人は外見が100%

人は見た目じゃないよ!っていうのは、超可愛い子が言うから正義であって、

「きみの名は」のヒロインがクソブサイクでぺちゃパイだったらあいつ絶対助けてないよ。

ディズニーでもジブリでも可愛いから助けるのであって、見た目があれだと物語自体始まらないからね、みんな薄々気づいていても音読しないだけだろうけどさ。

まぁ、その外見を装備でなんとかしようぜ?とりあえずさ!

っていうのが「オシャレ」な訳でさ。

その「オシャレの基本」を教えてくれるのがこの本なんだってばよ、サスケェ・・・!

あと自称オシャレもな。見れ。

オシャレは筋トレと一緒でやめるとどんどん衰退していくからね。

昨日のバーベルは今日の敵とはよく言ったものだよ、ほんと。

 

オシャレは基本ベースがしっかりしてからが楽しい。

これは僕の自論なんだけどもね、オシャレ≒センスが良い、

って考えていて、決して「=」ではないのよ、うん。

センスが良いからオシャレになるんだけど、オシャレだとセンスが良いのかっていうと違うじゃない?

オシャレ自体はそれこそマネキン買いでなれるよ、うん。

でも、おシャラーと遭遇したら・・・
※おシャラー:お洒落なクソ野郎

「あらまぁ、あの子ったら○○○○で見たまんまの着こなしじゃないの」

って相手にさえしてもらえない現実と向き合う事になるであろう・・・。

だからね、基本ベースしっかりしてきたら、そこに「個性」をのっける。そしてそのチョイスが難しいんだけど、それがセンスなのよね、うん。

「違い」があるから面白い、それがデザインなのさ!

それでその基本ベースはユニクロで大丈夫なんだけど、ユニクロにある服ならなんでもいいかっていうと違うので、そこはこの本を見ればわかるので、無駄打ちしなくて済むので本代はすぐに回収できる。

 

くったくたな服着てファミレスでだべってないで、お洒落してカフェ行ってこいって!

その方が人生ってやつは楽しいぜ、きっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です