ドナルド・トランプってマクドナルドの人?って絶対何人か勘違いしてるよね。

ドナルド・トランプさんで株はどうなっていくのか。

わかる訳ねぇだろ!!!

っていうのが今回のオチなんだけど、今回株が上げた要因をこのサイトでわかりやすく説明してくれている。

株はなぜ上がったのか?

カギは「トランプ減税」ですね。

トランプはこれまで7段階になっていた税率を、12%、25%、33%の3段階に簡素化すると発表しています。

当選直後にトランプの選挙チームがシグナルした最初のメッセージは「まず減税から」ということでした。

これで株式の投資家は、断然、いきり立ったわけです。

アメリカの株式投資家は減税が大好き!

ソース:http://markethack.net/archives/52027728.html

この広瀬さんのサイトは小難しい話を噛み砕いて紹介してくれるので、

普通のニュースサイトよりも頻繁に利用している。

日本の投資をしていないサラリーマンにとっては誰が大統領になろうがあまり関係ないかもしれないけど、

これを期に為替でも株でも始めて金融の世界に飛び込まない?

「やっべぇ!トランプ相場やっべぇ!」

とかそういう話したいんでしょ?本当はさ。

トランプ大統領でこれまで堅調にきていた景気にドーピングが施される感じだと僕は解釈していて、アベノミクスみたいに短期的には株は上がるんだと思う。

経済指標で「あれ?」って数字が出始めてもトランプはんは何かと発言して序盤はかき消していける勢いになるのかな、と。

なので基本的にはアメリカ株は上昇、ドル高に傾きすぎると面白く無いのでドル高牽制もありで、日本株は19000円を目指す感じか。

う〜〜〜〜ん、全然わからん。

為替は115円が最大の上値だと思っているのだけどどうだろう?

125円の時とかアメリカアホほどイライラしていたし、120円とかはもうない、ってかんがえるとそんなもんだろうか。

それでも今の相場は「上にも下にも」値幅が広いので入りにくい、っていうのが本音か。

とりま、111.3円くらいまで上げたら売りポジを入れてまた様子見しようかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする