黒田日銀サプライズ戦略「転換」の布石か

日経も為替も方向感ないなぁ。

日経平均株価は日銀が買い支えているので、下に行かないだけでそれがなくなると一気に13000円くらいまで行きそうで恐いけど。

その日銀の方針転換?方法転換?が次の日銀会合で発表されるみたいで、今はそれ待ちの状態か。

 

黒田日銀サプライズ戦略「転換」の布石か

先週、黒田東彦日銀総裁(5日)と中曽宏日銀副総裁(8日)はそれぞれ講演を行ったが、その内容はともに「金融緩和政策の総括的な検証」に関するものだった。

これは、日銀が市場との対話の方法を変えようとしていることを示唆しているのかもしれない。つまり、政策変更について市場が一定程度正しく織り込んでいくことを目指し始めている可能性がある。

周知のとおり、今年1月のマイナス金利導入以降、日銀の金融政策におけるサプライズ戦略に対し、疑問の声が高まっている。サプライズ戦略は市場にポジティブな影響を与えているときには歓迎されるものの、一部参加者にデメリットを与えるような政策を実行する場合には、市場が不安定化し、ネガティブな反応が増殖してしまうと考えられるためだ。

では、黒田日銀は、今後の金融政策について、どのように市場が織り込んでいくことを目指しているのだろうか。以下、筆者の個人的な推察を示したい。

ソース:http://jp.reuters.com/article/column-forexforum-tohru-sasaki-idJPKCN11I0WM

 

佐々木さんは他の知識人が130円超えるわぁー(´∀`)とか言ってる中で100円までの円高を警告していた人なので、もう僕は信じ切ってます。

その中で次の日銀会合に対する予想をしているので興味がある人は是非。

コメント

タイトルとURLをコピーしました