外貨スワップによる資産運用について/トルコリラ

外貨スワップによる資産運用について

トルコリラで両建ての運用をしている最中

トルコリラの両建てスワップをしてるんだけど、両建てで運用する人ってブログとか見てても結構少ない。

理由としては、

① 運用利回りが低い(高レバレッジにする必要がある。)

② 会社の採用スワップに左右されてしまう

この二つだろうかね?

特に①の運用利回りの低さかなぁ?レバレッジかけないと0.7%くらいの運用益なので。

外貨スワップ(買い)での運用をしない理由

いやさ、他のブログで外貨スワップ運用しているブログは、

どんなに外貨差益(損失)が出ても長期的な運用を理由に「問題なし」としているところが多いのね。

確かに、外貨価値がどちらか一方にしか傾かないっていうのは考えにくいので、その考え自体間違ってはないし、スワップによって利益が生じるので長期的になれば為替差益はスワップで補えるというのもうなずける。

だけど、株式の場合どんなに高配当銘柄でも「上場廃止」になればその証券はただの紙屑になってしまうわけで。

これは外貨にも言えて、その国の通貨がデフォルトしたら、その国の通貨はただの紙になる。

これがめちゃくちゃでかいリスクでさ、これをふまえないと投資ではない訳で。

両建てだと、スワップ利益少ない代わりに為替差益は理屈としてはないので緊急時にも離脱できる。

長期スワップ投資だとそれが出来ないのよな。

Mchart-mchart
トルコリラ円

トルコリラは歴史的に安いけど、どんなに安い株でも上場廃止がちらつく株は買わないのと同じで、相応のリスクがある事ととらえている。

トルコが国としてどうか、っていう事については別記事で。

トルコリラの可能性を再確認しよう。
※筆者は昔トルコリ大使としてトルコリラでの運用してました。

久しぶりに見たら、自分でもびっくりするくらいの情報の少なさで驚愕したわ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする