楽天証券→SBI証券への株式移管ではグーグルクロームは使えない。

楽天証券→SBI証券 株式移管について

もうね、ネット証券のクソ野郎どもは株式移管なんていう行為が日常茶飯事で行われるものではないと思っているからか、方法がわかりにくい!!!この21世紀にこのわかりにくさとかどうなってんの!?新卒の仕事か!?って感じ。

僕の場合、たまたま使用した楽天証券で保有していた株式をもともと使用していたSBI証券で一括管理しようと思って、株式移管の手続きをしたんだけど、もうめんどうでめんどうで・・・。

以下に簡単に注意点を記載しておきます。

楽天証券での株式移管手続き

楽天証券の株を移管する際にはWEBでの手続きで大丈夫なんだけど、

この手続きの中でグーグルクロームだと正常に動作しなくて、事実上手続きが不可能になるんですよ。これがブラウザのせいだとわからずに僕は貴重な時間をどれだけ無駄にした事か・・・。

download

まず株式移管手続きはトップページの 設定・変更 から行います。

楽天 手続き

設定・変更にカーソル持ってくるとこのようになるので、移管・買取請求をクリック。

download

で一番上の楽天証券から他社へ で申込 をクリック。

download

で、問題はここ!!!

ここからがグーグルクロームだと加入者コードを入力出来ないのです。

IEタブの拡張機能でいけるべ?って思うかもしれないけど、クッキーの設定変えないといけなくて無料版IEタブだとそれが出来ないので、大人しくインターネットエクスプロラーとかでやった方が良いです。
※加入者コード等は、SBI証券の口座情報の登録情報のページで確認できる。

あと、ここで気になるのがSBI証券の部支店名や所在地について。

これ、SBI証券の口座情報には載ってないの。

ふざけろ!!!って感じだけど、これが日本なのよ。

部支店名はインターネットで取引してる人は一律「インターネット」支店なので、

インターネットと入力すればOK。

部支店コードは口座番号の前3桁。

所在地は「東京都港区六本木一丁目6番1号」

これで、楽天証券側からの移管手続きは完了できる。

ブラウザによって出来る出来ないがあるのは、もうマジでめんどくさいのでさっさと楽天証券もグーグルに魂を売って欲しいよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする