就活中の学生悩ませるサイレントって知ってる???

就活中の学生悩ませるサイレント

サイレントの現状を知りたいと、まず訪れたのが都内の就活カフェです。就職活動中の学生専用のカフェで、新卒採用を実施している企業の情報などを自由に閲覧できます。

ニュース画像
店内にいた大学4年生たちに聞いたところ、多くの学生が「ことしの就職活動でサイレントを経験した」と答え、「合格しても、不合格でも、連絡をくれるといった企業からいまだに連絡がこなくて、状況が分からない」「連絡が一切来なくなって、おかしいという気持ちでいっぱい」などと悩んでいる声も次々と聞かれました。

長年、学生の相談にのってきたキャリアカウンセラーの平岡恵美子さんは「去年もサイレントの事例はあったが、ことしは特にサイレントに悩んでいる学生が増えた印象があります。八方ふさがりでどうしていいかわからないし、先の光が見えないというか、いつになったら抜け出せるのかわからず、宙ぶらりんな状態でメンタル的に大変だと思います」と話します。

ソース:http://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2016_0813.html

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・???

 

いや、普通にあるよねこういう事。

人事側は忘れているのではなく、「ストック」として候補者を残しておこうとするからさ。

別に問題にする事か?って思うけどな。

 

いやね、連絡ないから「落ちたのかもしれない」って思うなら、

「落ちた」と思って次に切り替えて、就活を続ければいいだけでしょ?

だって、連絡が合って落ちた事がわかっても同じように活動続けるんだし。

後で「受かった」連絡が来たら、それはプラスなんだから全然いいでしょ・・・・?

マジで問題視する意味がわからない。

 

就活側だってさ、内定出ても蹴る事あるじゃない?

しかもそれが直前になって蹴る事もあるんだし、お互いにフェアな状態だとは思うけどなぁ・・・。

あと、それが起業のやり方として気にいらないなら、「そういう会社」だと思ってその会社には受かっても行かない方がいいんのでは?ってさえ思う。

 

就職が決まらなくて焦る気持ちはアホ程わかるけど、悩んでいる時間がもったいないから次に進んだ方が良いのは確かで、これは働きだしてからも同様の事が言えるので、学生の間にそういったメンタルは鍛えておいた方がいいよね、って話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です