総理!!!「給与が下がっても勤務時間を短くしたい」で世界1位になりましたぞ!!!

【悲報】日本人がもはや完全に疲れている件
「給与が下がっても勤務時間を短くしたい」で世界1位

人材会社のランスタッドが、7月28日、企業魅力度を世界共通基準で調査する「ランスタッドアワード2016」の結果を発表した。

日本を含む世界24か国の18歳から65歳の男女を対象に「勤務時間」に焦点を当てた調査を実施。

その結果、「給与が下がっても労働時間を短くしたい」と回答した人の割合が最も高かったのは日本人だった。

「とにかく休みたい」長時間労働への疲労感の表れか
「現在の勤務労働時間」に対して聞くと、満足と回答した日本人は42.0%。半数以上は現在の勤務時間に満足していないことが明らかになった。

そうした不満を裏付けるように、「給与が下がっても勤務時間を短くしたい」と回答した割合が最も高かったのは日本人で14.1%。

グローバル平均の6.08%を大きく上回っている。

日本同様に10%を超えている国は、香港、スウェーデンだった。逆に米国、インド、フランス、ロシアなどは5%を切っている。

ただ、日本人は休みどう使うかの目的が不明瞭なようだ。

日本人の「労働時間を短くしたい理由」の1位は、「自分自身の時間を増やすため」で75%。

グローバル平均の70%を超えているが、その他の項目では微妙だ。

ソース:http://blogos.com/article/185261/

ぅぅぅぅぅううううわあああああああああああああああ!!!!!

ま、まさに僕の事だよ!!!

別に何かがしたい訳ではなく、仕事から解放されたい一心で休みたいんだ!!!!

それこそ休みの日には心を無にして休みたいよ。

リア充イベントに参加するだけの心の余裕もないからね。

だってイベント中に仕事の電話が鳴ったらとかって思わない?もう仕事していると365日仕事から監視されている気がしない?

これがワーカホリックなのかな?って思う時あるもん。

仕事を楽しめてないっていうのがあるんだろうけど、日本は他の国よりもきっとちゃんとしすぎちゃってるんだろうね。

サービスでもなんでも、「ミス」をとことんとん嫌うじゃない?だから全神経を集中しないといけないけど、

アジアとか旅行した時思ったのは、みんな適当だもん。

おつりとかミスっても、「ムハハハハ(´∀`)」とか言って全力で笑ってるもんね。

そういう雰囲気のがいいよ、おら。

日本だと、もう相手がクレーマーだと大変な事になるところで、笑いが起きるんだぜ?

笑いのツボが完全におかしいと思うけど、まぁそれでも笑いが起きる事自体は良い事だよ、うん。

日本だと張りつめた空気の中での仕事だからなぁ・・・。

学生の頃にインターンに行った会社でもホントに社内の空気が冷えていて、

「めっちゃ静か・・・・( ゚д゚ )」

学生気分全開の僕はその状況が本当に耐えがたかったよ。

全力でその会社に惹かれなかった。。。
(今にして思うと仕事中は静かにしてくれ!って思うようになったけど。)

何にしてもこういう心境に労働世代が陥っている事自体が国が経済的に衰退する理由だし、

何か良い方法を考えて下せぇよ、頭良い人がた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする