Chromebookを譲ってもらって外でのブログ活動に勤しんでいる。

どうも。

ネットでよくブログを見せてもらっている人からChromebookを格安で譲ってもらった。

ことのいきさつは、その人が新しいPCの購入を検討しているというので、

「もしかしたら・・・・(´・ω・`)」

と思い、勇気を振り絞ってChromebookについて質問してみた。

だって、相手に売る気があれば、「売ってあげようか?」って風になるはずだ、と思ってね。

そしたら案の定、

「よかったら譲りましょうか?」

という、僕の心を汲み取ってくれたのだ!!!

さすが写輪眼持ちは違うぜ。

そう、相手はあのうちは一族なのだ。

当たり前だが、目を見て戦ってはいけないぞ(ヾノ・∀・`)

そんなこんなで安くPCを手に入れた僕。

前使っていたのはdynabookなんだけど、スペック高いんだけどファンが全力で回るのでうるさいのなんのって。図書館で使ったときは図書館戦争になりかけたよ。

このChromebookはネット経由でしか動けないような感じなんだけど、無駄なもんが入ってないので相当軽い。

ほんで電池持ちもかなり良くて非常に気に入っている。

タイピングの音が少し気になるけど、これはもうどこもたいてい一緒でしょ?

隣に座っている男の子には500円渡しておけば文句言わないでしょうよ。

ブログを書くのが趣味だと、家にこもりがちになってしまうので、

こうやって外でブログ更新ができるのは非常に嬉しい。

今はスマフォでテザリングができるのでWifi等も別に契約する必要ないし。

まぁそんでも田舎だと都市部よりも作業に適したCafeや共有スペースは少ないけどもね。

僕は無線LANも飛んでいるのでだいたい図書館を利用するけど、図書館も有料化すればいいので、もう少し若いもの向けの本を充実させてほしいぜ。

ここでもシルバーデモクラシーで年配者向けの本が一番多い気がする。

図書館の利用者なんて学生4のおじいちゃん6だものな。

面白いのが、おばあちゃんはいないんだわ。みんなおじいちゃん。

おばあちゃんたちは本を読まないのか?友達と一緒におしゃべりしている方がいいって事かね。

もっと若い人向けの図書館とかってあってもいいと思うのよなぁ。

世代間で価値観違うじゃない?だからどうしても両者に沿った場所にすると中途半端になるのよね。公共の福祉だから仕方ないけどさ。

有料会員制図書館が続々オープン、なぜ静かなブーム?民間企業が街おこしを担う例も

調べたらあったわ。

こういうところ。

まぁ、田舎だと人が集まらないだろうけどもさ。

なかなか作業場として最適な場所ってなくて、ついつい引きこもってしまうんだよ。

かといってスタバでドヤって感じでもないしさ。

別に作業するな!って感じではないけど、占領されると普通にイラッとするしさ。

特段広いわけでもないので、すぐにノマドな奴らと学生で埋まってしまうからね。

まぁ、なにはともあれ、しばらくはこのChromebookで休日は外でのネットライフに勤しみます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする