イギリスのEU離脱交渉はダチョウ倶楽部でも全員が「どうぞどうぞ。」するくらい嫌な仕事。

英離脱派の急先鋒、独立党党首が予想外の辞任表明

英独立党(UKIP)のファラージ党首は4日、英国の欧州連合(EU)離脱が決定したことを受けて、政治家としての目標を達成したと述べ、独立党の党首を辞任する考えを明らかにした。

ファラージ氏の辞任表明は、反EU活動家として最も急先鋒の1人が、英国のEU離脱方法をめぐる議論の表舞台から去ることを意味する。

同時に、昨年の総選挙で12.6%の得票を得ながら、勝者総取りの選挙制度により、わずか1議席しか持たない独立党は、より中立的な党首を選出し、激変した政治環境において主流派に対抗する機会を得ることになる。

ファラージ氏は「私は政治家を職業にしたことも、したいと考えたこともない。政治の世界に身を置いているのは英国をEUから離脱させるためだ」と説明。その上で「従って今独立党の党首を退くことが正しいと思っている」と語った。

ソース:http://jp.reuters.com/article/nigel-farage-independence-idJPKCN0ZK0TZ

イギリスのEU離脱の交渉を誰もしたくないからか、

EU離脱の先頭に立ってきた人たちがみんな辞めていっている。。。

これは、すごくすごく良い事例だからちゃんと教科書に残そうね。

明治維新した人たちが、みんな急に

「普通の武士に戻りたい。」

とか言って、新政権を立ち上げずにばっくれる感じだからね。

そりゃその隙に諸外国攻めてくるがな。

イギリスの若い人たちは、離脱はします!その後は知りません!出し切ろう(゚∀゚)!

とかいうクソじじい共に未来を変えられたんだからな、たまったもんじゃないよな。

これで数年後に、

じじい共「こんなはずじゃなかったぽ(´・ω・`)」

じじい共「俺たちは年金あるけど、みんなは大丈夫?(´・ω・`)」

じじい共「EU戻れないの?ちゃんと聞いてみた?(´・ω・`)」

とか言い出したら、内乱だよ。

応仁の乱だわさ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする