自動運転による事故が発生したみたいだ。

テスラ、強い光で検知できず? 「自動運転」で死亡事故

米電気自動車(EV)メーカー、テスラモーターズのセダンで自動運転モードの作動中に死亡事故が起きた。強い太陽の光が当たり、センサーが前を横切るトレーラーを正確に検知できなかった可能性が高い。自動運転技術はまだ発展途上で、課題があることが浮き彫りになった。

テスラや米当局の6月30日の発表によると、同社のセダン「モデルS」が5月、フロリダ州の高速道路を「自動運転モード」で走行中に死亡事故が起きた。事故車は高速道路の対向車線から曲がるためにテスラ車の走る側の車線に進入してきたトレーラーの下に潜り込んで衝突した。

強い日光が当たって、システムも運転者もトレーラーを認識できず、ブレーキをかけた形跡はなかった。テスラの自動運転モードは1億3千万マイル(約2億1千万キロメートル)以上の走行実績があるが、死亡事故は初めてだ。

ソース:http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM01H8T_R00C16A7FF1000/?dg=1

もうアメリカさんでは自動運転始まってるんだ・・・

それにおらびっくりだよ。

まぁ、まだ高速道路とか単調な道限定みたいだけど。

これを見ると今の技術だとセンサーに命を握られている訳か、、、恐すぎるだろ。

日本みたいな保守的な国では実用化はまだまだ先だろうなぁ。
(個人的にはそれでいいけども。)

自動車産業の二つのテーマは、

①自動運転

②エネルギー(ガソリンに代等するもの)

この二つだよね。

僕としては自動運転よりもエネルギーの方に切り込んでほしいかな。

ほんで車の維持費にかかるガソリン代がもっと安くなってくれると、ユーザーとして非常に嬉しいです。

環境にはいいけど、ガソリンよりもべらぼーに高いとかだと庶民が増え続ける日本では流行らないだろうしね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする