イギリスが世界にこれだけの影響を与えるのは今日が最後かもしれないね。

イギリスの国民投票。

結果は離脱が51.9%で、残留は48.1%で離脱の勝利。

ここまで接近した国民投票も珍しいんじゃない?これでも多数決の原理に従うから、約半数の民意は届かない。

この前、高齢者層が離脱したがっていると書いたけど、実際にそうなんだけど現地の日本人のブログでイギリスの現状を聞いて、離脱派の理由がわかった。

EU内であればフリーパスでビザも必要なく渡航、移住できる。

それが税金を払えない様な人たちでもOKで、EU内では賃金の多いドイツ、イギリス、フランスへの人の移行が多いみたい。

それで公共福祉関係が納税者以上に対象者が増えるのでほとんど麻痺している状態らしい。

そういった事を聞くと、EUの陰の部分も見えてくるなぁ。。。

確かに経済格差あり過ぎる中での連合はなぁ、富裕国に移りたがるわな。

そんでもイギリスには残ってほしかったなぁ。

おらが恐いのがやっとこさ落ち着いてきたEUでまたみんなが離脱するする詐欺に出るんじゃないかと。

あそこって去る者は拒まず、来るものは結構拒み、出戻り禁止の鉄の掟があるからさ。

ドイツがEU辞めてぇ~~とか言い出したらどうなる事やら。

イギリスが世界にこれだけの影響を与えられるのはもう、これが最後かもなぁ。

あっそうそう。こういう時に円高になるのそろそろやめない?

全然安全通貨じゃないよ?円って?

中央銀行が国債のほとんどを保有する国って世界でも稀よ?

政府が国債を発行して、中央銀行が買ってあげるシステムよ?

それで出来たお金にどんな価値があるのか知らないけど、少しくらい分けてほしいよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする