アメリカが日本を監視リストに追加。為替操作国は世界の敵だってさ。

米、日本の通貨政策「監視」 円ドル相場は「秩序的」

米財務省は29日、貿易相手国の通貨政策を分析した半期為替報告書で、対米貿易黒字が大きい日本や中国、ドイツなど5カ国・地域を「監視リスト」に指定した。米当局は相手国が大規模な為替介入などを続ければ、対抗措置がとれるとしている。年明け以降の円高・ドル安については「市場は秩序的だ」とし、日本が円売り介入に動くことを改めてけん制した。

米財務省が為替報告書の中で「監視リスト」を設けるのは初めて。不当な通貨安誘導には「為替操作国」と認定して制裁を発動する仕組みがあるが、1990年代後半以降は適用例がない。今回から「監視リスト」を設け、是正措置の対象となる手前の段階で相手国の為替政策をけん制できるようにした。

ソース:http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN30H06_Q6A430C1000000/?dg=1

・・・監視リスト?( ゚д゚ )あ?

追加緩和見送ったタイミングでこんなのアホだろ・・・。

しかも、

アメリカ「市場は秩序的( ー`дー´)キリッ」

とか、あほか!!!!!!!!!

アメリカは自分のやる事には寛大だけど、他国にはあほみたいに厳しいっとこあるからなぁ。。。

だから嫌われてるって事に早く気付けよなぁ(´・ω・`)

まぁ、言うと怒って制裁始まるから誰も言えないけどさ。

にしても、アメリカの為替介入是正はうぜぇわ。

さっさとあんたらんとこの国で金利あげろや、と。

もう金融緩和しなくても大丈夫な体質でしょうよ、と。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする