地元を出たことがない人はつまらない

「地元を出たことがない人はつまらない」記事に賛否

地方から東京に移り住んだブロガーが、「地元を出たことがないジモティーが超つまらない」というブログ記事を発表し、物議を醸しています。

著者はつまらないとする理由について、「スクールカーストが未だに残っている」「つるむ人が決まっていて、視野が狭い」などと記載。一方、東京には面白い人がたくさんいるとし、「一度上京すべし」と指摘しています。
地元を出たことがないジモティーが超つまらない理由 – 未来は変えられるの? これは東京に住めば住むほど、ますます確信に近づいています。

ソース:http://news.line.me/issue/internets/b48cc1330f25?utm_source=Twitter&utm_medium=share&utm_campaign=none&share_id=OzQ59679877596

LINEニュースのリプライをツイッターで見かけたので。

関係ないけど、LINEニュースとか全然見ないけど、ツイッターは見るっていうのは株とかFXやってる人のあるあるだと思う。

何かあった時に一番情報早いのってツイッター界隈の人たちだもの。

僕は地元を出た事がない。

サザエでおなじみのカツオもたらちゃんもいつかは磯野家を離れ、それぞれの場所で家庭を持つのかもしれない。

なんだかんだワカメは地元の同級生と結婚して地元に居残っていそう。

さて、地元を離れた事がない人は面白くない、っていうのはまさにそうだと思う。

僕を含め、回りを見た時にそう思う。

地元でしか交流がない、出会いがないっていうのは面白くないし、人間としても面白くなれない。

結局は人との出会いなんだよなぁ、人間って。

人間を変えることが出来るのは人間だけなんだよ、うん。

地元を離れたいか?と問われると住んでみたい場所もあるので、Yesだと思う。

しかし僕のスキルじゃ住みたい場所を選べるだけのスキルがないんだよ。

僕は金沢とか鎌倉とかに住んでにほほんとそれなりに働いて、社会に必要とされ、適度な休日に身体をリフレッシュさせて生きていきたい、と思ってる。

それが僕の理想であり、夢でもあるんだけど夢はやはり夢でしかなく、

現実を見据えながら生きる僕としては地元でそれっぽい会社に入り、それっぽく生きていく事を選択しちまったんだ。

 

 

人生は取捨選択なんだと思う。

ある程度のお金を貯めて株投資をしたかった僕としては実家で給料が100%使えるってスタイルに憧れ、実践した事で株投資資金は出来あがった。

これは地元に残った賜物ではある。
(県外でサラリーマンしても、自由に使えるお金では収入は低くても地元のが多いと思う。)

その点では計画通りなんだけど、やっぱり地元に残っているっていうのは負い目を感じる事もある。

未来では地球を出たことない奴は面白くない、って言われるようなスケールになってるのかなぁ。

そう考えれば、地球の中の小さい島国の中での移動距離なんてカスみたいなもんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です