みんなのFXとDMMFXの比較

どうも。

FXの口座開設キャンペーンにあやかってお小遣い稼ぎをしている小者です。

さてさて、日本はアベノミクスで上げに上げた株価とドル円の円安を超特急リニアで取り消しに入っています。

もうFXなんて見たくない。

そんな人もいるでしょう。。。。僕もです。

さて、FXの話です。

FX証券会社っていっぱいあるけどどこがいいの?

クソ面白くないアフェリ系ブログの見出しになったけど、

FXの会社でどこがいいのか?です。

これはよく手数料、スプレッドが低いところが良いたら、

接続環境が良いところが良いたらよく言われますが、正直大手に越したことないです。

大手だとだいたい接続状況良好で、スプレッド(手数料)も安いしね。

以前、みんなのFXで口座開設キャンペーンのために口座開設して利用していたけど、

使い勝手は全く同じだけど接続環境&スプレッドではDMM証券の方が良いと思いやした。

FX初心者のために言うけど、スプレッドっていうのは、

「買い」と「売り」の金額差の事。

1ドルを100円で買った瞬間の売値は100円にはならない。

これは価格差を設ける事で証券会社が手数料として徴収しているからなんだ。

この価格差の事をスプレッドと言って、このスプレッドが小さい方がユーザーにとってはメリットが大きい。

極端に言えば、スプレッドさえなければ買いと同時に売りに出せばプラマイゼロで永遠に取引量を増やす事が出来てしまうからね。

スプレッドは、どの会社もこぞって下げてきていてあんまり大差ない。

DMMFXもみんなのFXもドル円のスプレッドは0.3銭で業界最安値だ。

しかしスプレッド0.3銭だけど、これがいつでも0.3銭かと言えばそうではない。

相場が急激に変動する経済指標が出た時などはスプレッドは一気に上昇する。

なので、平常時に最安値でも事あるごとにスプレッドが変動されるとぶっちゃけ稼ぎようがない。

スプレッドの変動率は、

DMMFX、外貨ジャパン>みんなのFX

かな。

SBIのFXは短期売買には使わないので、スプレッドの変動は知らない。

次に、接続環境っていうのは、アメリカの指標とかが発表されたときっていうのは、大人たちが大人げなくこぞって取引をしようとするので、サーバーがパンクしちゃうような感じになってなかなか取引が出来ない状態に陥ることがあるんだ。

そんな中でも大手の証券関係は「あんたばかぁ?」って感じで安定した取引が出来るメリットがある。

接続環境としては、

SBI>DMMFX、外貨ジャパン>みんなのFX

って感じかな。

早く買いたいときとかに約定が決まらないと、モニターぶち壊すくらい怒り狂うので接続環境は良好な方が良い。

競りとかで周りの人ばっか買えて自分だけ無視されてるとむかつくじゃん?それと一緒だよ。

何?俺の声聞こえてないの?!ねぇ!ねぇって!!!・・・・えっ?これいじめ・・・???

そういう事にならないように聞いた事もない会社のFX会社はあんまりおすすめはできないかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする