世界にひとつのプレイブックは失恋した人全てに見てもらいたい。

世界にひとつのプレイブック

~あらすじ~

主人公のパッドは妻の浮気現場(SEX中)を目撃してしまい、

怒りのあまり浮気相手に暴力をふるい警察沙汰となってしまう。

そして彼は精神に深い傷を負ってしまった事で、病院に入ることとなった。

入院生活を終え彼は元の生活への復帰のためリハビリを始めるのだが、破天荒な女の子のティファニーと出会う。

こんな感じの映画背景なんだけどさ、妻の浮気現場(SEX中)に遭遇って最悪すぎるだろ。

僕でも発狂して何するかわからないし、間違いなくトラウマになるわ!!!

しばらく自慰もできないよ。

達観者ともなれば、そのPLAYでも自慰に勤しむ事が出来るんだろうけど、田舎ものの僕にはそんな仙人境地な真似出来ないよ。

主人公は心の傷で、所謂・・・・精神異常となってしまう。

その状態が見ていて、正直痛々しい。

自分ではその異常を異常とわかっていないその状況が、とても痛々しい。

「俺、嫁がおれのもとに戻ってくるようにすげぇ努力するよ!!!ははっ!」

「なぁ!!!俺の結婚式のビデオは!?どこに隠した!?ビデオ!!!」

「今、見たいんだよ!!!」

「なぁ、嫁に電話させておくれよ・・・、俺はもう大丈夫なんだからさぁ!」

毎日騒ぎを起こしちゃうのに、自分を正常だと思いこんでしまっている。

そして情けない自分を嫌い、格好悪い自分を妻に見せたくないと、妻を惚れ直させるために努力をし続ける。

身体を鍛え、心を鍛えれば、妻は自分の元へ帰ってくると信じて。

失恋は人を本当に成長させる、、、と思いたい。

世の中に失恋したことないぜ!って人は、

年齢=彼女いない歴の人くらいじゃないかな。
(これはもてない、って意味ではなく人と付き合う努力をした事がない人って意味ね。)

それ以外の人はきっと失恋と恋を繰り返してきているのだろう。

信じていた人に裏切られるショックっていうのは、ブラックサンダーの稲妻級の衝撃!とか言ってられないくらいの衝撃だって事は、みんなわかってくれていると思う。

僕も初めて付き合った女の子と4年付き合って振られたときに、精神異常とまではいかないけど、身体に支障をきたした。

不眠症になり、毎日寝れない夜を過ごした。

みんなもそんな経験ない?失恋でなくても、何かのきっかけで不眠症になった事。

見かねた友達が夜中までずっと僕と一緒にいてくれたのは最高に嬉しくて、「友達は一生もの」って事をその時に悟ったよ。

彼女は別れた瞬間に他人以下になっちゃうからな。

寝ると寝るで夢にまで元カノが出てきてしまうから、朝起きると錯乱していた。

何が現実で何が夢なのかが、結構マジでわかんない状態だった。

それくらい、彼女がいた事が当たり前になっていたんだろうけど。

今思いだすと、ほんと情けなかった。

ただただ、情けなかったのよね。

何が辛いかって情けない自分が嫌なのよ。

情けないと余計に相手を遠ざけてしまう、もっとしっかりしないと彼女は戻ってきてくれない、そういう脅迫概念に取りつかれてしまうんだよ。

まぁ、しっかりしたところで、相手の気持ちが戻ってくる事なんてなかったんだけどさ。

どうしてもそれを理解するには時間がかかってしまったのよ。

はぁ・・・・・、世界にひとつのプレイブックを見たせいでセンチメンタルな気持ちになっちまったぜ。

僕みたいな被害者を増やしたいので、みんなも世界にひとつのプレイブックを見て感想を書くように。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする