バフェットからの手紙/最強の投資家はアメリカに対してポジティブ

バフェットからの手紙

「米国への逆張り投資は間違い」 バフェット氏、株主への手紙で

「過去240年に渡り米国に逆張りの投資をするのは最悪の間違いだった」「今も(逆張り投資)を始める時期ではない」。

米複合企業のバークシャー・ハザウェイを率いる著名投資家のウォーレン・バフェット氏は27日、毎年恒例となっている株主への手紙を公開した。手紙では米景気の順調な拡大に対して不透明感を指摘する声を一蹴し、楽観的な見方を強調した。

手紙では各党の代表を決める予備選挙がヤマ場に入る米大統領選に触れ「候補者らがこの国の抱える問題について多く言及する結果、多くの米国人は子供が自分より良い暮らしができないと信じてしまっている」との見方を示した。そのうえで「そうした考え方は絶対に間違っている」と強く主張した。

ソース:http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK28H02_Y6A220C1000000/?dg=1

バフェットさんがアメリカ景気に対してポジティブなのは心強いですなぁ。

先日のアメリカのGDP値は予想を越えるものだったし、これで3月の雇用統計が良ければ上げトレンドに・・・。

だけど日系企業の為替レートは120~118円程度で、その水準まで戻すにはまだまだ時間かかりそうなので、下方修正はしてくるだろうなぁ。

それどころか111円割るような展開になるとマジのアメリカ一人勝ちだぜ。

悪夢の円高再来だよ。

まぁ国民としては円高万世!!!って感じなんだろうけどさ。

株やってると円安の恩恵でここまで日経上昇した感あるのでね。

どうしても円安万世になってしまうのでさぁ。

何にしてもバフェット先生がポジティブなのは素直に嬉しい。

あとはアメリカ買いに市場が矛先を向けてドル高を待つ。

僕はドルを保有して静かにしている、OK? -OK。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする