イギリス、EU辞めるってよ。

EU首脳会議、英離脱回避へ改革案合意 英6月にも国民投票

欧州連合(EU)は19日夜(日本時間20日朝)、ブリュッセルで開いた首脳会議で、英国のEU離脱を回避するためにキャメロン英首相が求めているEU改革案を巡って合意した。合意を受け、キャメロン首相はEUに残留するか離脱するかを問う国民投票に6月にも踏み切る方針だ。

キャメロン氏が求めていたEU改革案は、EU域内からの移民の福祉制限、EUの競争力強化、加盟国の主権強化など4項目。キャメロン首相はEU側の譲歩を引き出し、その成果をテコに国民投票で「EU残留」を呼び掛ける腹づもりだ。

ソース:http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK20H0C_Q6A220C1000000/?dg=1

何かずっと前からイギリスはEU出る出る詐欺やってる気がする。

イギリスは通貨がポンドだったので、昔の僕はイギリスはEUに入れてもらえなかったのかな(´・ω・`)可哀想に・・・( ゚д゚ )

とか思っていたよ。

ほんでEU加盟国にイギリスの名前があった時に ふぁ( ゚д゚ )!?ってなったね。

EUの加盟条件で通貨統一しようぜ?みたいなのがあったじゃない?学生の頃僕は教科書人間でね、今もだけど。それでそれを例外なしに信じ切っていたのだけれど、イギリスは俺様的な態度でそれを拒んだのね。

話は少しずれるけど、EU圏内は通貨がユーロ統一だから旅行もし易いし、

あっちの人も生活しやすいよね。

出張で外国に出ても通貨換えなくて良いし。

あっちのEU内での海外出張は福井-東京間くらいの気持ちでしょ?距離感的にも。

そう思うと、日本が島国でここまで発展したのはすごいな。

外国との距離感ぱない中でここまで発展したんだものね。

って、言うと、これまでの人が努力した結果だよ?(´∀`)ん~~?(´∀`)

って老害よろしくちくしょう共が顔を覗きこんできやがるけど、

人口増加メリット、インフラ整備メリット、不動産バブル、国債発行しまくり。。。

色んな発火剤の要因があってこそだし、国債もあほほど次の世代に貯めこんでるじゃないの、って言いたくなるよね。

まぁ、それはいいか。

何にしてもイギリスのEU離脱の投票近くはユーロが、というか為替が不安定になりそうだし気をつけようっと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする