noteを使ったブログ記事の有料化について

「このコンテンツ、380円は高いと思います」とか書いちゃう人、おバカなのかな?

イケダハヤトさんの記事から。

最近あんまこの人好きくないなぁ。

高いなら買わなければいいじゃん、っていう正論はさておき、

今回言いたいのは、内容に対して値段が高いよね、っていう話でね。

一つの比較対象としてさ、雑誌を挙げてみようよ。

雑誌は600~800円くらいで、内容としてはどのような系統のものでも写真は毎回新鮮なものでプロのカメラマンや、アイドルその他諸々のお方達、編集者、色んな人が関わって出来ていて、600~800円じゃん。

スケールメリットはあるだろうけど、noteの一記事が380円は高いって感覚になっても仕方ないでしょ。

次に、制作時間っていう面で考えてみようよ。

100万円の売上を記録したLINEの田端さんのnoteは1時間くらいで書いたって言っていたし。

本だと何百倍の時間をかけて制作するじゃん、それで1000~1500円くらいなんだから、安いって感じる。

時間かければいいってもんじゃなけど、一つの尺度としてどうしてもそういう感覚になってしまう。

最後に、中途半端な価格設定ってさ(1~500円くらい)、

書き手側が気楽に書いちゃうから、お金取る割には内容がないなぁ、って感じ安くなっちゃうんだよな。

本を出版する!ってなれば、それ相応の覚悟をもって取り組むじゃん?仕事と思って取り組むじゃん?

でもnoteで軽く記事書いて販売するか~、ってレベルだと何か中途半端な感じにね、なりそうだなぁって、ねw何か悟りを開いた様な事言っているけど、単純に僕がそういったものを買う気がしないっていう理由をね、つらつら書いちゃいました、っていうね。

フェイスブックやツイッターがさ、有料だったらまず間違いなくやる人減るじゃんか。

その他諸々でもそうだけど、WEBの良さは無料のコンテンツにあるって、僕は思っていたので、noteの出現でそれが破壊されていくのが恐いなぁって。

そう、恐いんだよ。

格差社会って恐いなぁって感じるんだよなぁ、noteの有料記事ってwww

ここで、あえてこの波にのらずに無料のコンテンツで勝負する強者出てこないかなぁ。

有料化出来る人はそれなりの場所でそれなりの成功をしている人なので、

この富の集中化を促す構造は早い段階で誰か打ち砕いてくれください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする