僕的量的緩和を決行、市場をお金でじゃぶじゃぶにしてやるぜ!

SSTM的量的緩和を決行

この下落相場でね、前々から欲しかった高配当小型株を少しずつこさえたいと思ってるんですよ。

でも、余裕資金はもう150万円くらいで、100万円は超短期的な売買で使いたいので、実際は50万円なんです、使えるの。

そこで、SSTM的量的緩和で市場にお金を供給するっていうね。

量的緩和というか、ただの増資だよね、うん。

いい大人がばかよね、こんなの。

50万円を追加供給し、200万円の資金にして100万円だけ小型の高配当株を買う。

小型なのは、こういう下落相場で大型の株だと単価高くて、100株~200株くらいしか買えなくて、タイミングをずらして買う事できないからさ。

1000株とか買えれば、毎日200株ずつ買えば平均的な買い値で保有できるじゃないの。

たかが50万円かよぉ!!!って思うでしょうけど、僕からしたら臓器売らないと手に入らない大金なんですよ?( ゚д゚ )

だいたい3.0%以上の配当銘柄にする予定。

100万円×3.0%=3万円/年

が振り込まれるって思うと嬉しいよね。たかが3万円ジャマイカ( ゚д゚ )って思うかもしれないけど、貧乏リーマンにとったら大金なのさ、中学生にとったら夢みたいなお金だよ、3万円って。

1000万円つっこむと、30万円/年 となり、ちょっとしたボーナス程度の収入になる。

本来の資産運用はこのレベルで元本減らさずにやっていくのが普通なんだろうなぁ。

3%の運用益っていうと、そこそこリスクとらないといけないレベルなので、元本保証なんて事は無理だろうしさ。

10%運用とか、マジですごいんだよ?

だって1000万円を運用して、100万円/年だからね?

毎日数十万~数百万の利益を上げている殿方もいらっしゃいますけど、あれはもう神クラスですからね。

機関と個人の関係
これは搾取される個人投資家と搾取する機関投資家の力関係を表した図です。

まぁ、奴ら相手に武力じゃ絶対に勝てないのよ。

脳みそほじほじされて、こっちのやる事なす事読まれておしまいのよね。

かといって、見つからないのも至難の業でね、奴らの円は最大半径が3キロとかだから、何しても見つかっちゃうのよ。

そう思うと、市場で利益を上げ続けている人ってすげぇなぁ…( ゚д゚ )

僕は欲しかった株がやすくなっているので、この機会に保有しておこうと思います。

もう嫁入り道具なみに大事にする予定です。

ええ、反発したら速攻で売って現金化しますよ、ええ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする