日本の借金って本当に1000兆円もあるの???

「日本の借金1000兆円」はやっぱりウソでした~

先週26日(土曜日)、大阪朝日放送の番組「正義のミカタ」に出た。大阪のニュース情報番組だが、東京とは違って、自由な面白さがある。そこで、「日本経済の諸悪の根源はZ」というコーナーをやった。Zとは財務省である。

その中で筆者が強調したのは「借金1000兆円のウソ」である。借金が1000兆円もあるので、増税しないと財政破綻になるという、ほとんどのマスコミが信じている財務省の言い分が正しくないと指摘したのだ。

借金1000兆円、国民一人当たりに直すと800万円になる。みなさん、こんな借金を自分の子や孫に背負わせていいのか。借金を返すためには増税が必要だ。……こんなセリフは誰でも聞いたことがあるだろう。財務省が1980年代の頃から、繰り返してきたものだ。

テレビ番組は時間も少ないので、簡単に話した。「借金1000兆円というが、政府内にある資産を考慮すれば500兆円。政府の関係会社も考慮して連結してみると200兆円になる。これは先進国と比較してもたいした数字ではない」

ソース:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/47156

 

へむへむ、これってよく言われる食料自給率をカロリーベースで見るか、生産額ベースでみるかで全く数値が変わってくるよ!って話に似てますよね。

日本の食料自給率はカロリーベースだと39%で4割切ってるし、めちゃくちゃやばす…( ゚д゚ )って感じになるけど、生産額ベースでいうと、64%くらいあるので、こんなもんじゃね?( ゚д゚ )って感じになる。

 

それで今回の件だけど、まずは日本のバランスシート(貸借対照表)を見てみようぜ!!!

download

上記が財務省が出している2015年度のバランスシートになりやす。

よくマスコミが報道するのは、

「日本の借金は1100兆円を越えただ!!!財政破綻はマジかだばぁ!!!」

と言う様な、ドカポン王国の王様みたいな煽り方をしてきている。

冒頭の様に借金1100兆円っていうのは、バランスシートの負債部分にしか目を当てていない場合であって、実際は日本の保有する資産を差し引いた金額を「借金」と捉えるべきではないか?その場合、上記の表でいうと、差引で490兆円程度の借金となり、1100兆円なんて嘘っぱちだ!!!っていう主張である。

個人的に恥ずかしながら、このバランスシートを見るのが初めてで、単純にマスメディアの言う様な借金1100兆円やばす( ゚д゚ )って思ってきた。
実際やばい事に変わりはないのだが、資産の部を一切考慮しない場合で1100兆円っていうのは、今までの認識からすると、非常に嬉しい誤解ではあった。まぁ、実際に差引マイナスだし、GDP比での負債の増え方は半端ないけどもさ。

ちなみに、公債(国債)の部分が負債のほとんどを占めるんだけど、これについても、
国債を発行しても、それを買い取るのは日銀であるので、(量的緩和)
日銀≒政府 と考えれば、どんだけ国債発行しても大丈夫じゃねぇか!!!ははっ!
って事も触れられているんだけど、実際に今の量的緩和でこういう状況なんだけど、単純にこれを続けていると、通貨の信用が落ちてハイパーインフレに向かってしまうので、もろ刃の剣である政策であり、何度も出来る技でもないって事は当たり前なんですけどね。

いやはや、何にしても今回のニュースは個人的には自分の勉強不足が露呈され、また勉強になりやした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です