サウジアラビアが原油安戦争に備え、質素倹約の構え。

サウジアラビア原油安長期化へ備え、来年の財政赤字削減

サウジアラビアは28日、来年の予算案を公表した。原油価格が低迷するなか、歳出削減とともに原油以外の歳入源拡大に取り組み、記録的水準の財政赤字を減らす。

世界最大の原油輸出国が、約10年ぶりに経済政策を大きく見直す。原油相場の早期大幅改善を想定せず、価格低迷期が数年間続く状態に備える姿を示す内容となった。

これまで社会福祉の観点から手が付けられなかった、エネルギー補助金見直しなどにも取り組む。

2015年の財政赤字は3670億リヤル(979億ドル)、国内総生産(GDP)比で15%に達した。

16年予算案では、赤字額を3260億リヤル(約870億ドル)に減らす目標を掲げた。

ロイター:http://jp.reuters.com/article/sa-2016-budget-plan-idJPKBN0UB1B520151228?sp=true

OPECの中でも中核的存在のサウジアラビアさんがこのスタンスだと、

原油は下げ止まった後も、しばらく停滞しそうですね。

原油安は中国経済低迷による需要減とアメリカのシェールガス革命の二つか。

僕もここまで原油が落ちていくとは思っておらず、結構高いところで買い増し買い増ししていたので、猛省しております。

リーマンショックの時もそうだったみたいだけど、

「ここまで下げるような事じゃないだろ?」

という、急落相場を買い場と見誤って損失を拡大した投資家さんが多いようです。

それは今回のチャイナショックもそうで、21000円→17500円まで落ちたる過程で、

第一段階として、20000~19000円の中で買いを入れた人は結構いたはず。

それで、中国関連のもう何やってもダメなニュースが飛び込んできて、

「これってもしかしてあかんやつ?」

と焦り、売りを急ぐため、市場は二番底に向かう…

原油の場合はまだ一番底も見えてない様な感じなのですが、いかんせん現物なのでどこかで確実に下げ止まるとは思うんです。

だって石油だよ???

OPECの機能停止によってアホみたいな売りをくらってる原油だけど、2013年あたりの人が見たら喉から手が出るほどの魅力的な価格だからね。

「2015年には脱石油社会を実現したのですか!?」って聞きたくなるような下げ方だよ。

まぁ、日本としては原油安はWelcomeなので、下げ止まり安定的な推移に移ることを祈っていましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする