日経レバETFに狙いを定めて、後は黒田サンタを信じきる。

Mchart-mchart
日経レバETF 1年チャート

この日経レバETFっていうのは、日経平均株価に連動することを目標とし、

レバレッジをかけている分、日経平均よりも大きな割合で株価が変動する。

さてさて、株に疎い方でも株投資で儲ける方法は、

安く買って高く売るって事は簡単な理屈で理解しやすいでしょう。

例えば、2015/1 にこの日経レバETFを12000円で買っておけば、2015/7には18000円にまで高騰している。150%の高騰率である。

つまり、1000万円分の投資をしていたら1500万円、500万円の勝ちになる。

それくらい単純なんすよ。

それが、なぜか僕みたいなミジンコ投資家はね、売買を頻繁にして手数料を証券会社に上納し、そして少ない利益で終える…というね。

僕が株に投資しているのは、300万円~400万円くらいで、年間の利益が25万円だとして、運用益は6.25%だ。

150%に対して106%の差だからね、証券会社に勤めていたらクビになるレベルだよ。
よかったよ、素人投資家で。

結果論で見ると、あの時は安かった、高かったっていうのがわかるんだけど、リアルタイムの戦いだともう全然わからなくてね。あたふたするばかりで。

で、今の株価は安いのか?って事。

月曜日はきっと下げて始まるだろうから、下げたところで買いたいなぁって。

下げで始まり後場は戻す、っていうのが個人的な見解なので、朝のうちに低めに注文だけ出しておいて、ささったらラッキーで、後場に戻したらクリスマスご祝儀だと思って頂きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする