アメリカの利上げの後は為替はどう動くか。

来週のドルは122―124円に収まる公算大、米利上げ後のシナリオ描けず

来週の外為市場では、確実視されつつある12月の米利上げ開始を受け金融市場がどのように反応するかのシナリオが描けず、投機筋が新規ポジションの構築を手控えることが予想される。ドルは月初からのレンジ122―124円に収まりそうだ。

予想レンジはドル/円が122.00―124.00円、ユーロ/ドルが1.0600―1.0800ドル。

直近のレンジに安住し、トレンドが出ないドル/円相場について、FXプライムbyGMOの常務取締役・上田眞理人氏は「12月の米利上げ開始が確実視されているとはいえ、利上げ後の株、債券、商品市況の反応が読み切れない」ことを背景の一つとして挙げた。

ソース:http://jp.reuters.com/article/2015/11/20/next-week-dollar-yen-idJPKCN0T90GG20151120

これな~~、まじでこれな~~~~。

みんなはどうなると思う???利上げ後の世界( ゚д゚ )

僕も全く同じ予想で124~122で125円まではいかないって思ってるだわ。

利上げ直前は124円まで行く可能性あるけど、利上げ自体は織り込み済みで、利上げ後は材料出尽くしで123円まで戻す、って思ってます。

話は少し変わるけど日銀の追加緩和はない、と思っていて。

それも含めてこれ以上の円安にふれる可能性は少ないのでは?と考えています。

それで今後の日本次第でアメリカがどんどん成長してGDPでも離され、財務健全でも遅れをとると、そこから円安になっていく可能性はあるかなーと、それでもまだ先の話かなーと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする