子供の頃に夢にまでみた10万円でFXしている自分

子供の頃。

欲しいゲームがあっても、毎月のお小遣いじゃ買えないし、

それ以外にもいっぱい欲しいものがあって、年間の出費を考えながらお年玉やらを駆使して生きていたあの頃。

正直、子供の頃に戻りたくないのは、お金の自由がないからっていうのがでかい、でかすぎる。

あの頃に、将来のために目先のお金なんて考えずにプログラミングとかやっとけ!って言えたら・・・。

何にせよ、あの頃の僕にはバイトはおろか、お金を稼ぐ方法なんて一切なかった。

一時的に遊戯王とかのカードでレアカードが入っているパックを見分ける方法をあみだし、

レアカードを売れるお店を見つけ、カードを売りまくっていた時代を除き・・・

あの頃からしたら10万円なんてお金は夢のまた夢で、

ウルトラレアカードいったい何枚必要なんだ!?とかって驚愕すると思う。

それが今ではFXに10万円で二つの口座を持ち、400万円ほどで株投資も出来てる。

正直、このお金の自由がなかったら大人なんてやってらんないよ。

何のために働いているかわかったもんじゃないぜ。

そう考えると、お小遣い一万円とかで働いているサラリーマンは凄すぎるだろ・・・・。

朝から晩まで働いて、諭吉先生一枚で手を打とうだなんて・・・・。

ぅぅぅぅぅぅううううわああああああああああああああああ!!!

そんなの、人柱力だったら確実に九尾化しちゃうよ!!!

お小遣い系サラリーマン戦士ってすごいなぁ。

そういう人らとポッポなみの出現率で遭遇するのがさらに恐いんだけどさ。

好きでもない人と結婚して家庭を持って、

好きでもない仕事をして、

報酬として毎月お小遣いを少しばかりもらい、

三食は食べられるけど、もちろん食の自由もなく、

使い物にならなくなるまで使われ、

使えなくなったらGoodBye!あばよぉお!!! って。

って人が大勢いるって思うと、秋の夜長に眠れない夜がやってくるぜ・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする