僕が資産運用としてFXをおススメしない理由。

主婦の間でFXがはやりつつあるのか?

で書いたんだけど、僕は個人の投資参加には大賛成だ。

貯金は経済活動を停滞される一つの要因なのは間違いないし。

でも、FXを資産運用として昇華させるのは至難の業なので、僕はおススメしない。

FXはゼロサムゲーム

FXはゼロサムゲームといって、

勝者と敗者の数が同じになるゲームだ。

だから、

「あたし、みんなが助かる方法を見つけました。」

とかライアーゲームみたいな事は有り得ない。

10万円儲かれば、10万円損失を出した人がいる世界である。

株はそれと違って、企業業績が上昇すれば株主に対して永続的に還元が行われる。

経済の成長の恩恵を受けられる版権みたいなものなんだ。

投資リスクが高い。

FXはレバレッジの管理を投資家サイドで行うので、リスクがでかい。

株の信用取引は最高でも3倍だけど、FXは25倍までのレバレッジをかけられる。

レバレッジっていうのは、保証金を建てる事による借金なのだが、

レバレッジという言葉で借金という感覚を和らげている。

金利のない消費者金融でお金を借りてギャンブルするのと一緒なのだから、

相当タチ悪いよね、システム的に。

為替変動は素人では到底予想出来ない。

これは株投資でも一緒だけど、

株よりも為替の方が予測が難しい。

株の場合は、株価の予測ではなく業績の予測でいいので、

為替に比べるとハードルは低い。

短期的な株価は下落するかもしれないが、最終的には業績は株価に還元される。

円高75円時代から、今の120円時代に戻るなんて到底想像できなかった・・・。

あの時買っていたドルを保有しておけば・・・・・・・・・!!!!

って後悔に毎日うなされるよ。

FXのメリット

リスク把握したうえで、遊びとしてやるのであればいいとは思う。

あくまでも資産運用ではなく、投機として。

株と違って仕事が終わった後でも取引できるし、管理さえしっかりすれば、

大きな損失出す前に損切りだって出来るし。
(僕はこれが出来ないが。)

しかしまぁ、楽に稼げるから、とかそういう安直な考えでは絶対に勧めない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする