中国経済は鈍化してるけど、マーケットとしては中国でまだまだ余力あるよね。

中国ショックから幾分経つけど、まだまだ市場は正常化しない。

アメリカの 利上げすっぞあぁあ( ゚д゚ )!? みたいな脅しもあり、

市場としてはポジショニングが難しい。

ユニクロのファーストリテイリングの柳井社長は、中国経済の影響が自社成績に対して影響が全くないとしている。

中国経済減速の影響は「全くない」=柳井ファーストリテ社長

強気な発言。

確かに、中国全体としては、ミドルクラスの所得者が増えていけば、

ユニクロみたいなファストファッションは嬉しいのだろうけど。

現時点では、中国ではユニクロはまだまだ庶民にしては高い位置付なので、

本格的にユニクロが利用されるのには時間かかりそうだけど。

download

しっかし、人口が13億人だからさ、そりゃ世界的なマーケットだよね。

ここから、相当数がミドルクラスの世帯になってくれると、

一気に消費関係は好転しそうだ。

成長鈍化はするだろうけど、民衆の生活が急激に悪化する訳ではないから、日常品関係は関係なく売れるだろうし。

かといって、今、中国関係銘柄買うのか?って言われるとさ、

市場リスクの方が大きくて怖いんだよね。

download
上海総合株価指数

底値な雰囲気を結構出してるんだけどな。。。。

もう少しで高値から半値までになっちゃうからな。

いつ買えばいいのかさ、誰か教えてくれない???

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする