人の不幸が美味しくてたまらない人に朗報だよ!株で14万負けました。

中国め

先日のチャイニーズショックに巻き込まれ、

当ファンドも大きな損失を出した。

最初の頃は、

「大丈夫ばってん、中国政府が何とかしてくれですたい(´∀`)」

それでも下がる日経。

「大丈夫ばってん、日本には黒田日銀が無敵要塞があるですたい(´∀`)」

それでも下げ続ける日経。

「FOMCで利上げ後退すれば、世間はお祭りばってん、多分(´∀`)」

FOMCの後、持ち株が好決算を発表し、日経下げる中で意地を見せてくれたのでそこで損切り。

そう、ずっとクスリのアオキをふるえながら持ってました。

いやね、売上月次ペースが良すぎて好決算はわかりきっていたのだけれど、

買うのが早すぎた。

チャイニーズショック前くらいに仕込んでたからね、そりゃ損失も被るよ。

損失額は14万円で損切りしない当ファンドでは結構でかい。

(ちょこちょこっと空売りで儲けたので差額で13万円)

当ファンドの純利益が60万円くらいだったので、一気に47万円まで落ち込んだよ。

税金還付があるので、もう少し利益は残ってると思うけど。

他のブログ見ていても、更新止まっていたり、

黒字から一気に赤字化しているところもあったので、それを見ると軽傷で済んだのかもな。

リーマンショックを経験していない僕にとって今回の下げのインパクトはすげぇでかかった。

何の情報を信じればいいのかが全く分からない。

「損切りは急ぐな。」

「リスクを過小評価するな。」

「なんぴんには早すぎる。」

「絶好の買い場だ。」

色んな情報が交錯したけど、結果論としては早期損切りで終わらせるべきだったな。

これが最大の課題なんだけど、今回は銘柄もよくなかった。

成長株であるクスリのアオキは市場が弱気になると途端にまっさかさまにおちるので、
(みんなが保守的な株に移行するため)

正直、決算材料なかったらと思うとガクブルものだよ。

やっぱり僕は成長株よりも成熟株でファンダメンタルとか言いながらの投資に向いているなぁ。

はぁ、ずっと好調だった分、損失が痛いぜ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする