なんてたって利上げ、FOMCの発表待ち相場。

ドル小幅安、米FOMC控え方向感欠く

11日終盤のニューヨーク外為市場では、来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、ドルが小幅下落した。ドルは狭いレンジでの取引となり、様子見ムードから商いも薄かった。

コモンウェルス・フォーリン・エクスチェンジのチーフ市場アナリスト、オマー・エシナー氏は、9月利上げをめぐっては見方が割れていることから、ドル相場は来週もこう着感が続くと予想。「マクロ動向に関する材料、または米連邦準備理事会(FRB)が来週利上げに傾いているかどうかをめぐり明確な手掛かりがつかめるまで、投資家の多くは模様眺めのままだろう」と述べた。

ソース:http://jp.reuters.com/article/2015/09/11/ny-forex-idJPKCN0RB2IE20150911

ロイターさんの記事。

今回のFOMCはなんてたって、利上げ。

けどまぁ、十中八九ないんだろうなぁ、、、中国の事考えると・・・・。

来週の日本相場としては、

月曜日から疑心暗鬼相場で下げて始まり、

だだ下がりでFOMCを迎え、利上げ先送りで円高方向に向かい、

翌日17000円をきる、ってのが最悪なパターンかなぁ。

最低でも、利上げ幅を市場予想を相当下回るくらいにして、

「様子見てみるお(´∀`)」

とか、そういう、

「これって・・・どうなるの?( ゚д゚ )」

みたいな、市場関係者も買えばいいのか、売ればいいのかわかんねぇ、

そんな有耶無耶な感じにしてくれないかな。

FRBが一発、

「世界経済は不安を残しつつも、自力で回復出来る水準」

「利上げします。」

って一言でも言ってくれれば、この停滞相場から一時的に脱出出来ると思うんだけどな。

どうだろう・・・

FOMCは9/17でござる。

そう、日本のシルバーウィーク前っていうねw

9/18が金曜日だから、その日が天国になるか地獄になるか・・・・。

来週初めには日銀会合もあるし、波乱の多い株式市場になりそうだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする