G20終了後の株式市場はどうなるか。

G20、中国経済への懸念は不要との見解で一致

ドイツのショイブレ財務相は5日、当地で開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議後の記者会見で、中国の経済成長鈍化について神経質になる必要はないとの見解でG20が一致したことを明らかにした。

財務相は「中国は野心的な改革を決定し、さらなる改革を恒久的に追求していく方針を明確に示した」とも述べ、中国が金融市場改革の続行を約束したことも明らかにした。

さらに、世界的に流動性の不足は見られず、資産価格バブルの可能性を高めているとも指摘した。

ソース:http://jp.reuters.com/article/2015/09/06/g20german-idJPKCN0R603Q20150906

毎日色んな人がコメントしているけど、ホントなんだろうな・・・( ゚д゚ )?

中国の上海相場崩壊前は、アメリカの利上げもアメリカの景気回復の証拠として、

市場としてはプラスに働いていた面が大きかったけど、

今は中国の景気不安で、アメリカの利上げでさらなる混迷に陥るのではないか?って事で、

市場は疑心暗鬼になってる。

今後大きな下げがあるとすれば、中国の企業で破綻するような事がニュースで出るようになる事か。

中国としては、是が非でも今の状況を悪化させたくないだろうから、手は打ってくれるとは思うけど。

日経のレンジは18500~17000円かなぁって、勝手に思ってる。

15000円も幅があるけど、最近一日で500円が普通に動いちゃうからさ。

月曜は朝一で大きく下げて、その後下げ幅縮小・・・、で17600円くらいで着地。

ってのがオイラのシナリオだけどどうだろう?

ほんで、火曜にもう一回下げて、水曜日で少しリバウンド・・・、

って考えて、買えなかったら買えなかったでOKとして、

9月の高配当銘柄を狙っていこうかな、って思ってます。

あと、普通にドルが安くなっているので、

もうドルに絞ってもいいかなぁって、も思ってます。

アベノミクス失敗したとしても、もう昔みたいな円高ってなりえない、と思うわけで。

むしろ失敗したらしたで、通貨価値不安で円安に向かうのでは?

成功しても、量的追加緩和の影響で円安、って考えると、

短期的に円高があったとしても、長期的には円安だろうな、、、と。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする