トルコリラの可能性を再確認しよう。

トルコリラを保有している自分を安心させるために、

トルコリラは大丈夫だよ、一時的に40円はきるかもしれないけど、

きっとまた戻ってくるよ、と、自分を安心させるために、

トルコの魅力を再確認しましょうよ。

トルコの地理的要因

トルコって絶妙な位置に存在している、って知ってます?

20140511205755のコピー

先進国である欧州と隣接し、

今後の成長を担う、アフリカ・中東・ロシアとも隣接している。

この地理的要因は非常に大きく、トルコの経済成長を後押ししてくれる要素の一つ。

また、欧州と繋がっているといっても過言ではないくらいの結びつきなので、

EUとかに入ってくれないかなぁ、なんて期待をしている所存でございます。

トルコの人口的要因

1-turkey-population-age-JA

トルコの人口は上昇しており、

またトルコの人口ピラミッドはマジで羨ましいとんがりコーン型。

日本の場合は逆三角形で現実を直視できないので、それと比べるとトルコの労働力は活力にあふれています。

これはトルコの強みの一つでしょうな。

そうだと僕は信じて止まないよ、うん。

円安の時代にトルコ安でお手頃

強みではないけど、

この量的緩和の円安時代なのに、絶賛トルコ安っていう嬉しさ。

全く強みではないけど、僕がトルコリラを選んだ一番の理由はこれにあたる。

ホントの事言うと、外貨ではドルを保有する事が無難だと思う、

けど、

対外通貨に対して高くなりすぎているので、

今から入るっていうのも勇気がいるのさ、はは。

トルコは政治的要因のせいで、量的緩和もしてないのにどんどん値を下げている。

これは買っておいて損はないだろう、って安直な直列つなぎの頭がはじき出したんだ。

トルコの強みって他にあるのか?

いや、うん・・・。

素人の僕だとこれくらいしか思いつかないんだけど、

他にある???

産業面とかがトルコはやっぱり弱く、外需を稼げないのが痛いんだよな。

腕利きの投資家の方がこれを見てくれていたら、

的確な指導・アドバイスをお願いしたいです。

こういうメリットもあるよ!的な。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする