トルコの連立政権、交渉決裂・・・再選挙か。

トルコの少数与党、公正発展党(AKP)と野党第1党の共和人民党(CHP)の

連立政権樹立交渉が決裂し、AKP党首のダウトオール首相は13日夕、

「再び国民に信を問うことが、唯一の可能性になった。早期に総選挙を実施する可能性は極めて高い」と明言した。

再選挙は11月実施の可能性が高いとみられる。

ソース:http://www.asahi.com/articles/ASH8G2RR9H8GUHBI00C.html

うん、もう少し早く言おうか。

普通にトルコリラ買っちゃったよ。

また長い間トルコリラと生活を共にしないといけないのかよ・・・。

だめだろう的な①

トルコの状況を簡単に説明すると、

トルコのこれまでの発展を支えていたのは現政権なんだけど、

近年、

「最近何か感じ悪いよね」

的な空気が国民内に広がり、

楽勝だと思っていた今年の選挙で、まさかの現政権が議決数の過半数を確保できず、

「おいおい、まじか」

何処の国もねじれ国会的な事を嫌がるものです。

って事でトルコリラが売られたのは記憶に新しいです。

ここ最近トルコリラが上がっていたのは、

議会での連立政権に向けて議論が好調に進んでいる、

との報が出ていたからだ。

ところがマッコイ、実はやっぱ全然仲悪いってやつで、

交渉決裂でもう一度選挙やんない?って状況。

政治状況は最悪、これしばらくだだ下がりになっちゃうだろ・・・・・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする