中国の人民元切り下げ。そんなのキイテナイネ!って事で世界株安。

人民元安は日本経済に逆風か追い風か

人民元は、中国が2005年7月に外国為替制度の改革を発表して以降、

リーマンショックの前後を例外とすれば、ほぼ一貫して対ドル相場を切り上げてきた。

だからこそ、中国人民銀行(中央銀行)が11日に人民元の対ドル中心レートを

前日比で約1.9%引き下げたことは驚きを持って受け入れられた。

それは中国が通貨安競争に参加することを意味し、

競合する国では輸出の停滞を通じて、景気の下振れリスクが増幅するからだという。

こうした見方があるからこそ、日本を含む世界の株式市場は、

中国の景気テコ入れ本格化を好感した10日の欧米市場の流れに乗れず、

一転して下落へ転じたのだろう。

ソース:http://jp.reuters.com/article/2015/08/12/column-forexforum-hirokishimazu-idJPKCN0QH04520150812

どうも。

人民元の切り下げによって世界的に株安の動きになりましたね。

お盆休暇中のリーマン戦士たちもデイトレに勤しんだのではないでしょうか。

僕はと言うと、お盆休暇は外して来週からちょこっと休みます、ええ。

さてさて、ここまでノーポジ選手権で選手宣誓をしてきた僕ですが、

今回の下げで買いをいれようか迷っております。

ちなみに原油投信は購入後、一度上げたので速攻で売り抜けました。

3000円くらい利益でた感じです。

ありゃ、まだまだ下げるわ。

人民元が切り下げをしてきて、

中国通貨の元が対外通貨で安くなってしまうと、

諸外国としては、輸出の面で苦い思いをします。

やっと世界の工場と言われた中国の通貨・賃金も上がってきて、

「地元へ帰ろう」

って空気が出てきたのに・・・。

そんでも、通貨安は日本は先に仕掛けた訳わけだし、

中国のクソ!!!とか言うのはちゃんちゃらおかしいっては思います。

中国政府としては、今の株安のテコ入れとして行ったんでしょうから、

中国「いや、よかれと思ってさ・・・・(´・ω・`)トホホ」

とか思ってるかもしれませんしね。

個人的には、今回の下げは一時的では?っては思う。

あくまでも個人的なので、このブログを読んで買ったら大変な事になりました。

って言われてもバカなの?って思うけどさ。

中国景気のテコ入れなので、是が非でも景気後退させたくない中国としては必要だし、

それは諸外国にとってもプラスでは?

話は多少変わるけどさ、

今は中国のインバウンド消費(訪日外人の消費)が期待されてるじゃない?

そんで、中国は日本が近い&高品質に目がハートになってる訳でしょ?

中国の景気減速は自国ブランドを自国の人間が信用してないところにあるんだろうね。

お金を稼いでも、外国に垂れ流しちゃってる訳だからさ。

いや、そんな影響クソ程にも満たないだろ、バカかよ。って思うなかれ。

国を救えるのは自国企業の発展しかない、って僕は思っているからさ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする