原油は安いけどロシアは大丈夫なの?

治安が悪くて、国民がビデオカメラを持って歩くことで有名なロシアですけど、

ここ最近の原油安ではしこたま悩まされております。

それは例えるならお祭りで若者がはめを外し過ぎて、

「少子化はここで終わらせる!!!」

的な行為をしてしまうことが問題になり、お祭り自体を中止に追い込まれる状況に似ています。

言ってる事はカッコいいんだけど、やってることは全然カッコ良くないよ、っていうね。

さて、ロシアの状況を株価で見てみましょう。

所詮僕は株価でしか物事を判断できないゲスでげす。

0808 ロシア
ロシア総合株指数 3年チャート

3年周期で見ても株価は堅実に下げておりますね。

あっちは寒いし、株価も元気ないしで、そりゃプーチン大統領も苛立ちますわな。

確認しておくと、今の原油安はサウジアラビアやらの産油国が、

アメリカのシェールガス革命による、石油ビジネス参加を良く思ってない事で、

需要量は変わってないが、供給サイドにアメリカが入った分誰かが減産しないと、

供給過剰になっちゃうけど、誰も減産しないって状況。

まぁ、OPECに加盟しているほとんどの国は今の状況を全然良く思ってないんだけど、

サウジアラビアは果てしない埋蔵量と安価な採掘コストがあいまって、

サウジ「いや、俺は全然大丈夫だからお前らがきついなら、減産すれば?」

的な挑発をかけており、

OPEC「サウジ、何か感じ悪いよね。」

的な事になっており、誰も減産しないって状況が続いているのだと勝手に思ってます。

加えて、中国はんの景気動向指数が悪化しており、

上海総合株指数もとんでもな値動きで、死人が出るような下げ方を記録しているので、

景気後退で石油の需要が減るのでは?って思惑もあり、下げに拍車をかけちゃってます。

ロシアの輸出に占める原油やらの割合は7割を占めるので、

稼ぎ頭の原油の価格が下がるのは、もうホント勘弁って感じな訳です。

個人的にロシアと中国がダブルで悪材料になるニュース飛び込んできたら、

日経も1000円近い下げを記録しちゃいそうで、今の相場に長居したくないんでげす。

考えすぎだぴょん!って中国の関係者に言われてもなぁ、信じらんれねぇよっていうね。

もっとも、原油安は日本にとってはまゆつばもので、ゲスな笑いが止まらない、

ゲスの極み日本になってる訳です。

積年の円高の恨み、今ここで・・・!

みたいな感じでしょう、きっと、おそらく、多分。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする