ドル円が125円の壁を突破。利上げは9月に来るのか。

NY円、125円台に下げ 2カ月ぶり円安水準、利上げ観測で米金利上昇

5日午前のニューヨーク外国為替市場で円売り・ドル買いが加速し、

円は10時20分(日本時間23時20分)過ぎに1ドル=125円01銭程度まで下げた。

6月8日以来ほぼ2カ月ぶりの円安・ドル高水準。

米長期金利上昇による日米金利差拡大を手がかりとした円売り・ドル買いが優勢になっている。

7月の米サプライマネジメント協会(ISM)非製造業景況感指数の改善などを背景に、

米連邦準備理事会(FRB)が9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、

約9年ぶりの利上げに踏み切るとの観測が強まったことも円売りを誘った。

ソース:http://www.nikkei.com/markets/kawase/summary.aspx?g=DGXLASFL05HAV_05082015000000

125円の壁を越えてきたね。

このまま順調に上げ続けるってシナリオはないと思うけど。

この水準以上になると要人発言が活発になるので、

個人的に「売り」ポジでいたいなぁって思う。

FX取引は今はトルコリラしか保有していないので、

久しぶりにドル円での売買を検討中。

f77さんとのデュエルもあるしね。

いかんせん、最近仕事が忙しくFXをやる時間がないので、今は株投資ばっかり。

日経先物はドル円が円安方向に向かった事もあり、上昇。

日経平均も21000円の壁に向かって邁進中。

ここからは、急激な円安とかが難しいだろうから、

輸出系企業も今は最高益でも、これからが難しくなってくると思う。

原油は相変わらず安いし、ここらへんで買い始めたい感じ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする