国家公務員、朝型勤務で定時退庁65% 導入初日調査

政府は14日、

国家公務員を対象に勤務時間を1~2時間前倒しする朝型勤務「ゆう活」に関し、

1日の導入初日の状況を発表した。

約4万人の中央省庁職員の半分を超える約2万3000人が早朝に出勤したが、

定時の午後4時15分か同5時15分に退庁した職員は約65%だった。

約4万人のうち、

午後8時以降まで残業した職員数は6月24日時点で1万2000人だったが、

7月1日では5千人まで減少した。

ゆう活は7~8月、早朝に出勤して原則として定時退庁し、

夕方以降を家事や趣味、自己研さんなど有意義に過ごす取り組み。

内閣人事局は

「定時退庁の割合を高めるには職場の業務改革を進めていく必要がある」としている

ソース:http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS13H4X_U5A710C1EAF000/?nbm=DGXLASFS01H2B_S5A800C1MM8000

これねぇ、マジで日本で標準的な働き方になってほしい。

フレックス勤務は基本ベースにしないと、個人の生活が改善されることないもん。

この朝活でよく言われるのが、

朝早くに出社しても、帰る時間は一緒っていう、悪夢みたいな現実。

僕も個人的に朝活を実施していて、

勤務時間 8:30~

のところを、7:30頃に出社して、1時間前倒しで働いている。

それで少しでも残業減らして定時で帰るって試みだけど、実際は難しい。

お国では、一時間前倒しで働くと、一時間前倒しで帰れるってんだから、

そりゃ、テキパキ働いてさっさと帰るわな。

日本人は集合時間はきっちりしているのに、解散時間はめちゃルーズなんだよな。

時間を無視しているのは同じなのに、始まりはきっちり、終わりはルーズとか・・・、

最悪だよ。

ZOZOTOWN運営しているスタートトゥデイも、勤務時間6時間制のロクジロウって働き方を提案しているし、

そろそろ、日本でも働き過ぎに対して注意喚起をしていこうよ。

お願いします、ホント。

若い人が働き過ぎているから、お金使う時間もなくて街角の景気がくすぶっちゃうんだよ。

残業が当たり前の文化がなー、少しでも改善されるといいんだけどなぁ・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする